日記: 12月29日 (2005年)

 実家へ帰省(といってもわずか所要時間1時間数十分だけど)するついでに、東京駅で途中下車して、今年で終了するという「東京ミレナリオ」とやらを見物にいった。

 東京駅を出ると、すぐそこから見るも恐ろしい、人々の群れが延々と曲がり角で見えなくなるまで続いていた。その傍らではバイトとおぼしき交通整理員が、人の流れを制御すべく声を上げている。

 「東京ミレナリオへお越しの方はこちらへおならびくださーい!」

 お断りだ。

 しかもよくよく聞いていれば、列に並んでミレナリオに到着するまでに、「2時間ほどかかります」などとさえぬかしておる。普通に歩けば、徒歩で10分もかからない距離を、延々2時間も並んでまで、ミレナリオとやらを見たいとは思わない。

 こりゃー、スルーだな。…とは思ったものの、せっかく来たんだし、せめて並ばないと行けないトコ以外を、脇からチローっと覗いてから帰るかな。

 そう思って、ぐるーっと遠回りさせられている行列を無視して、テクテクと最短距離でミレナリオ会場に向かって歩を進める。並びもせずに、果たしてどこまでいけるのだろうか。

 んー? …あれ? どんどんいけるぞ。

 行列コースとは、まるで異なるコース取りでズンズン進んでいくと、やがて車道部分を、押し出されるところてんの如く進む行列に、併走する形で合流した。私は歩道。行列は車道。進行方向正面方向には、遠目にミレナリオのイルミネーションが見えている。なんか、このままミレナリオ会場まで、普通に進めそうだけど…。

 ノロノロ進む満員電車状態の行列を横に見つつ、彼らの3倍速で歩いていく私。やがて、遠目に見えていたイルミネーションが真上に迫り、あっさりとミレナリオ会場に進入できてしまった。

 ミレナリオ会場まで到着してみると、会場の車道部分が「東京駅から並んできた人の通路」に、歩道部分が「それ以外の一般の通路(交通やショッピングのために確保)」になっているらしい。要するに、別にわざわざ2時間かけて並ばなくても、歩道部分から十二分にミレナリオを見物できるのだ。

 ミレナリオのイルミネーションは、車道部分の上空に、アーチ状のつくりで構成されているから、車道部分を歩かないと、「光のゲートをくぐる感」は味わえないんだけど、10分と2時間の時間の差ほどに、感動の差があるとはとうてい思えない。むしろ、一定のペースで進み続けることを強要される行列内で見るよりも、自分のペースで前進、後退、一時停止が行える歩道部分のほうが、私にとってはよいとさえ思える。

 さらに、驚くべきことに、歩道部分から、車道部分に途中から入り込んでしまう人まで、多数いたのだ(それはさすがに酷いズルだとおもって、私にはできなかったが)。もうなんつーか、並んでしまった人、ご愁傷様です、としか言いようがない。

 まぁ、愚直に並んでいる人々が、のんびり固まってくれているおかげで、歩道部分に人が殺到しないんだろうけど、それにしてもアナウンス不足の感が否めないなぁ。
 
 
 よし。
 
 今日はチャラチャラした東京ミレナリオ運営部に言いたいことがある。よ~く聞け。

 「東京ミレナリオへお越しの方はこちらへおならびくださーい」? ハァ!?

 並ばなくても東京ミレナリオまで普通にいけるじゃねーか! それを、さも並ばないと行けないかのように喧伝しやがって! アナウンスをするなら正確に…

 「車道部分の光のゲートをくぐるには2時間ほど並んで、寿司詰め行列のなかを行軍する必要があります。くぐらなくてよろしければ、歩道部分までご自由にお越しください。10分程度で到着します」

 …って言え、コラァ!
 ゴン! (マイク投げ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。