日記: 10月4日 (2006年)

 昨晩は夕食にBSE丼・・・じゃない、吉野家の牛丼を食った。

 別に今の祭り期間を虎視眈々と狙っていたわけではないんだけど、たまたま夕食を何にしようか考えつつ街を歩いていたら、牛丼祭り開催中の吉野家に行き着いたので、なんとなく食ってしまったのだ。

 数年前は、1週間に1回以上のペースで食っていた牛丼も、狂牛病事件以降はがくんと摂取量が落ち、ここ数年は数ヶ月に1回以下ペースとなってしまっていた。ただ、牛丼を多量摂取していた時代の、私の中での「牛丼」とは、まぎれもなく吉野家のそれであるので、数年ぶりに食うとなるとやはりなにか感慨深い。店内に漂う香りがすでに、「いい匂い」ではなくて「懐かしい匂い」なのだ。入店後、しばしノスタルジックな感傷に浸る私。

 で、食う。

 ・・・んー。まー、味はこんなものかな・・・。記憶にかすかに残る吉野家の牛丼の味に、限りなく近くはあったけど、純粋に料理として見た牛丼は、雰囲気のもたらす感動以上の感動を、私に与えてはくれなかった。うまいかまずいか、といえば、うまい。けど、クソったれメリケンの牛検査体制への反感を萎えさせるほどには、蠱惑的な味じゃないね。

 ってなわけで久々の牛丼で、懐古的感動と味覚的無感動を味わった私は、もう少し米国産牛の安全性が保証されるまでは、牛丼を無理に食うこともないなぁ、と思ったのでした。

日記: 10月4日 (2006年)」への3件のフィードバック

  1. Nez/蝿

    10年後脳がスポンジになっていたら、この一食のせいです。
    まぁ、宝くじ当たるより低い率だと思うけど。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。