日記: 11月11日 (2006年)

 実家のケーブルテレビの無料放送枠で、「FASTER」というドキュメンタリーをやっていた。

 内容は、2002年頃に撮影された、MotoGPとその周辺についてを、多角的に取材したものだ。ロバーツ、ロッシ、ビアッジ、ホプキンスら元/現役ライダーたちの談話を交えながら、各々にまつわる事件やMotoGPの2002年シーズンの結果などを収めたものとなっていた。

 私はモータースポーツには別段興味はないんだけど、その番組はレースそのものだけではなく、裏の人間関係や、ライダーの家族の表情、各国のファンの様子、MotoGPの歴史などを深く掘り下げていて、良質のノンフィクション作品のような内容になっていた。命がけのレースに挑む男たちの姿を、ライダーの談話をベースにして淡々と流す。それによって、ダンディズムあふれる演出効果を生み出しながら、レースの厳しさ、怖さ、面白さを、リアリティをもって魅せることに成功していた。おかげで、いったん見始めてしまったところ、最後までノンストップで見続けてしまう羽目になってしまったよ。

 で、その番組のエンドロールで、出演したライダーたちによる「番組を見ているバイク好きに一言」という小コーナーをやっていて、これがまた面白かった。

 「公道は危ないから乗らない」
 「スピードはサーキットで出せ」
 「警察ともめるから乗らない」
 「公道は注意しろ」
 「車はバイクを見ていない」

 オール公道否定。

日記: 11月11日 (2006年)」への2件のフィードバック

  1. boness

    レーサー系の人は基本的にそう言いますよね。
    4輪でも2輪でも。
    まあ僕みたいな人が運転してる場所ですから公道は。

    #携帯でアドレス見てて、何か違和感があったんですよ。
    #2004年になってる!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。