日記: 4月14日 (2007年)

 2007年4月1日。東京都で初めての道の駅、「八王子滝山」がオープンになった。これで47都道府県全てに道の駅が配備されたらしい。よりによって東京都が最後というのも興味深い話だ。

 さてこの週末はオープンから2週間が経過という時期に当たる。ってなわけで、そろそろ初モノ特有の混雑も和らいだかな? と思い、「どんなところだか見物に行こうプチツーリング」に行ってきた。

 道の駅八王子滝山は、八王子ICからすぐのところにある。高速でくるなら良い立地だけど、都心からR20で来る場合は、R16の慢性渋滞路を通らなければならないので、コースを考えないとやや立ち寄りにくい立地といえる。かも。

 ところで八王子ICといえば、そう、去年の事故現場だ。そして事故現場側の車線を通るのは、あの事故以来になる。そのため私は、なんとなく嫌な思いを振り払うようにして八王子ICのそばを通過した。まぁ当然そんなことはたいしたことでもなく、あっさりと無事通過できたわけなんだけど、それだけでなんだか不思議な達成感があった。我ながら案外引っ張る性格だな、と思いつつも、ある意味これが禊(エロくない意味で)になったのかもしれないからよかろう。

 この土曜日は天気も良く、4月なのに昼の気温が24度もある暖かい日だった。あの事故で夏用のメッシュジャケットが破損してしまったため、手持ちの夏装備がろくになかった。そのためロンTにジーンズという軽装で走ってきたんだけど、いやー、実に気持ちいいね。このくらいの気候がバイクには最適だ。道の駅の周辺の道路も、交通量が少なく道幅の広い非常に綺麗な道路で、気持ち良さが倍増だ。遮るものなく降り注ぐ陽光が心地いい。

 そして道の駅に到着。ちょうど正午頃に到着したこともあって、道の駅の入り口近辺は、入庫待ちの車が列を成す混雑っぷりだった。しかし私はバイクということで、この手の混雑とは無縁なのだ。さくっとその車列の脇を通らせてもらい、ガラガラの二輪車用スペースに待ち時間ゼロで駐車することができた。イエイ。まぁ、二輪用スペースがガラガラだったのも当然で、この好天下、健康的なライダーたちは、もうとっくに山やら海やらのほうに出向いていたに決まっているのだ。こんな気持ち良い正午に、のほほんと都内を流していた私が異質なのに違いない。

 下車した後、テクテクと歩きながら見回してみたところ、道の駅八王子滝山は駐車場と1つの大きな建物からなる、ごくごく普通の道の駅のようだった。建物の中は、主に八王子産の農産物を売るスペースと、フードコートに分かれていて、この日は駐車場の混雑と同様に、建物の中も大変混雑していた。とりあえずその混雑を縫うようにして、訪問記念にすべきこと、すなわち「食事」をすべく、フードコートに足を運んだ。

 フードコートには、カフェと、ソフトクリーム屋と、飯屋があった。ここでの目的は無論、飯屋だ。そのお目当ての飯屋では、うどん、カレー、ラーメンの店が営まれていて、それぞれ半ば無理やり八王子にかこつけたメニューを並べていた(「八王子の野菜を使った~」等々)。さてどれを食ったものか、と思ったけど、都合よく連れが2人いたので、それぞれの店のメニューを1つづつ頼んで食うことにした。すなわち、うどん屋の「トマトうどん」、カレー屋の「ビーフカレー」、そしてラーメン屋の「八王子ラーメン」だ。

 混雑の極みにあったフードコート内で、なんとか席を確保し、いざ食う。

 まずトマトうどん。なんだそれ? って感じのメニューだけど、出てきたのは「サラダうどん」のようなものだった。冷たいトマトソース・・・というかトマトジュースの中に、コシの強いうどん、削りチーズ、レタスなどが入っているという一品。冷製パスタのうどんバージョン、という感じを想像していただければ結構かと思われる。私としては、この手のメニューはジャンルの時点で好きではないので、正直いまいちだった。冷製パスタとかが好きな人にはいいんじゃないでしょうか。

 続いて八王子ラーメン。んー、並かな。よくありがちな「サービスエリアのラーメン」と同類項・同レベル。八王子ラーメンの特徴である、「刻みたまねぎ」が入っていた点だけが、他の道の駅やサービスエリアと一線を画すものだったけど、それ以外はほぼ同じだ。まずくはないけどどこでも食える味。少なくとも八王子市内にこれよりうまい八王子ラーメンを食わせる店を2,3軒は知っている。なので650円という値段を考えるとまるでダメというほかない。器がオシャレ路線狙いの、大きくて浅い、杯のようなものだったのも、すぐに冷めてしまうので減点だ。

 最後にカレー。はい、これまた普通。ちょっとお高い缶詰めのカレー、という感じの安定感が取り柄の味。でもカレーという当たり外れのないメニューだけに、これは普通にうまかった。缶詰カレーの中でもおいしい部類のものに似た味で、「当たりのレトルト」とでもいおうか、王道的なカレーで私は好きだ。これまたどこでも食える味だけど、3つの中では私にとって一番正解に近い味だった気がする。

 つー感じで「道の駅の食事」そのものというようなノーマルな食事を終えたあと、少し野菜だの果物だのを眺めて、すぐにやることもなくなったので、帰った。お土産に八王子ラーメンセットが売っていたけど、散々悩んだ挙句買わないことにした。ラーメンは外で食ったほうがうまいという判断だ。

 初日の感想は、まだ「あえて寄る」というほどの場所でもない、って感じかなー。立地的にツーリングの待ち合わせにはいいような気がするけど、ソロオンリーの私には関係ないしな! うへうへ。屋台とかをもっと出せば、にぎやかでいいんじゃないかなぁ。

 そうそう、1000円以上の買い物レシートと引き換えに、「ひよどり山有料道路」とかいう、八王子市外へ抜ける近道の通行券をもらったので、帰り道、試しに通って帰ってみた。有料道路だというから、どれだけいい道なのかと期待して通ったら、30秒くらいで通過できるしょぼいトンネルに過ぎなかったのには唖然としてしまった。トンネルなので、当然景色も悪い。八王子ICから20号に抜けるまでの慢性渋滞路を回避できるのだけが利点かな。

 無料ならかなりいい抜け道だけど、有料にするほどの恩恵はない、という道のようだ。家に帰ってから調べてみたところ、私の感想を裏付けるかのように、「収益の上がらない計画ミス道路」であり「やむなく無料開放する」ということになっていることがわかった。今年の6月から無料らしいから、そこで始めて本領発揮ってところかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。