日記: 4月8日 (2007年)

 久々に週末昼に覚醒した。予報では曇りだといっていたわりに、良い天気だ。

 このところ週末のたびに深夜までゲームをするという、不健康不健全生活が染み付いていたので、昼になってもぼーっとしていることが多かったし、そうでなくても雨天や曇天だったりして、ろくにバイクにも乗ってやれていなかった。久々に乗りたいぜ!

 ってなわけで、昼飯、兼、買い物にいくためにバイクのカバーをはずしてやった。のだけど・・・。

 なぜかバイクがえらい汚れているではないか。

 泥水をストローで垂らしたような、ほそーい茶色い汚れの線が数条に渡って、タンクやシートについていた。そのまままたがる気にはなれないほどに汚いぞ。カバーをはずしてこんなに汚れていたことが、未だかつてなかったのでかなりショックだ。うーん、これは一体・・・。

 さてはネコの仕業か!? それともネズミか!? ヘビか!? トカゲか!? ミミズか!? ツチノコか!? などとどんどん気持ち悪い方面に想像を膨らましてはみたものの、実家周辺でネズミやヘビが歩き回っているなんて話は聞いたことがないし、ネコが入り込める隙間なんてバイクとカバーの間にはなさそうだ。それより小さな小動物や昆虫にしては、汚れの規模が大きすぎる。幻想動物など問題外だ。

 となると・・・。はい、そうですね。そのとおり。皆さんご想像のとおり、単純にバイクカバーが損傷して穴が開いているに違いない。そう思って銀色のバイクカバーを子細に眺めてやると、案の定、縫い目の一部分が、かすれるように破れてしまっていた。

 破れていた箇所は、ちょうどカバーにかかるテンションが集中する箇所にある縫い目の部分。しかもミラーとリアキャリアを頂点とした谷の、ちょうど谷底に当たる位置だったので、それはもう雨水や朝露が大挙して押し寄せ、流れ込むにうってつけの入り口となっていたのだった。そらバイクも汚れるわなぁ。

 今のバイクの購入と同時に導入したバイクカバー。早いものでもう4年か。さすがに風雨にさらされ続けたカバーには寿命が来たと思うことにして、今度新しいのを買ってこよう(この日は用事があって買いにいけなかった)。

 問題は、買うサイズだな・・・。乗換えを考慮すべきかどうか、悩む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。