日記: 5月5日 (2007年)

 予告どおりバイク屋へ。

 結果から先に言えば、FZ6 Fazer S2のブルーを契約してきました!ヤホウ!

 バイク屋に赴くと、約束どおりFZ1を持ってきてくれていた。第一候補のFZ6S2は前回バイク屋へ行ったときの日記のとおり、展示車を確保できないとのことだったので、まずは上位種とでも言うべきFZ1を見たり、跨ったりさせてもらって様子を探ることにしたのだ。んだけど・・・。

 う。う。ううううう・・・。あ、足がきつい。

 やっぱり80cm越えのシート高では、かなり足つきがやばい。片足でも足のひらの半分ちょい、両足だとつま先つんつん状態だ。乗れないことはないけど、かなり不安を伴う足つきで、旅先で坂道でのUターンとかをする際に、少し困ったことになりそうだ。短足がにくい。

 しかし、非常に迫力のあるエンジン音(ゼルビスと比べれば当たり前だ)や、渋い紺色の車体は非常に格好よかった。教習車のCB750と比べても、圧倒的に軽く、取り回しも楽で、そういう点での不安感は全くなかった。リッターマシンというステータスにも、小市民である私は少しだけ心が動く。バイク屋の店長さんも、「パワーは必ず慣れますよ」とか「シートのあんこ抜きすればもう少しよくなりますよ」とか「むしろFZ1のほうがツーリングでは楽ですよ」とか、心なしかFZ1をプッシュしてくる。24万ほどの価格差があるので、そりゃまーそーだろうけど。

 もともとFZ1は参考に持ってきてもらっただけなんだけど、なんだか実物が目の前にあって、しかもこんなに魅力を押し出されると、FZ6S2じゃなくてFZ1でもいいんじゃねー? っていう気分になってくるぞ。

 ここで私は悩んだ。どんなものだか見てわかる「キツさのわかっている」FZ1と、この場にない「キツさがゆるいだろうと勝手に想像している」FZ6S2の2択を迫られたのだ。希望条件的にはFZ6S2が圧倒的に有利。でも目の前にある実物というのは、それをすべてチャラにするだけの説得力を持っている。逆に言えば、実物を見ていない、という点がFZ6S2に心のブレーキをかけているのだ。ぬぬぬぬ。悩む。

 で、結局FZ6S2にした。当初の予定通りだ。少しでもシート高が低いほうがよいと思ったことと、24万の価格差が決め手だ。リッターのステータスを少し意識したとはいえ、もともと排気量信仰はそんなにない私だし、飛ばすわけでも全くないから、安くて安心というほうにしたのである。安心っつったら車買えって話だけどね。

 ってことで、ついに買ってしまったよぉぉぉぉぉ。納車は5月末くらい。楽しみだ。

 なお、哀れ愛車のゼルビス君は、わずか4万円でドナドナされていくのでありました。愛車との別れは初だけど、すごく悲しいな、これは。2回の事故後の復活費用で15万くらいかけてんだけど、売値4万てのも悲しい。でもヤフオクとかめんどいし、ちゃっちゃとお別れだ。

 THE BLUE BUS BLUESが心に響く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。