日記: 2月10日(2007年)

 今のバイクを購入してから半年が過ぎたので、6ヶ月目の定期点検にバイクを出してきた。

 ・・・のだけど。半年たっても走行距離が2000km程度という短走行距離でしかなく、そんな「異常あるわけないっす!」な状態で、有料の点検に出すのがもったいなくってしょうがない。

 もともとの予定通りの頻度で乗っているので、短走行距離しか乗っていない事実そのものは、自分としては全く問題ない。だけど自分で問題ないからといって、周囲が私のペースに応じたプランを立ててくれるわけではもちろんなく、通常の使用ペースに沿った点検基準に従わなければならない。うーん、この辺に、新車購入&車検あり排気量の面倒くささを感じざるを得ない。

 とはいえ、定期点検を指示通り受けないことには、いざというときの保障対象外になってしまうので、おとなしくバイク屋へ出向き、バイクを半日間預けてきた。

 前回の1ヶ月目の定期点検のときは、点検中の代車が50ccのスクーターだった。私としては生まれてはじめて乗るものだったために、「600ccのバイクを預けて代車が50ccの原チャかよ!」というナメた第1印象とは裏腹に、新鮮な原チャライフを満喫した記憶がある。そんなわけで実は、「今回の代車はなんなのか」というのを、ずいぶんと期待していたりもした。

 で、今回の代車はなんだったかというと・・・。

 マジェスティ400だ。

 うひょー! 正直、今回もどうせ原チャだろうとタカをくくっていたら、こんな大物が出てきた! バカスクバカスクと揶揄されて久しいビッグスクーター。いやー、常々乗ってみたいと思ってたんだよなー。教習で1,2回乗ったけど、あんなんじゃ実際の乗り心地なんてわからないし、いや、これは楽しみだぞ。

 ってことで、軽い操作説明を受け、出発進行。

 ぶるるるるるるる。

 ・・・むう、楽だ。なにこの走る座椅子。バイクと言うよりも、車輪が2個しかないコンパーチブルという感じだ。椅子に座っている姿勢のまま、体が前に進んでいく。スイーっと。

 ただ、原チャと違って、車重が重く、排気量のわりに加速が鈍いせいか、率直に言って鈍重に感じた。バイクに乗ったあとに、自動車に乗ると感じる、妙なウェイト感に近い。シティコミューターとしての軽快感が少し薄いのだ。5km圏内で生活に使う、というよりは、のんびり50kmくらい先の目的地に向かう、というのが一番合ったシチュエーションのように思えた。

 そのかわり、さすがに運転は楽チン。車重があるものの重心が低いため、立ちゴケに対する危機感が薄く、さらに動き出せばもう本当に、何も考えなくても勝手に前に進んでくれる、という感じがした。それでいてそれなりにバイクの持つ開放感、走行の楽しさは、それなりに与えてくれる。うーむ、これは売れるわけだ。

 唯一の難点は、ちょっと私には足つきがきつくて、停車時には片足つま先でつんつんと立つ感じになってしまったことだけど、まぁ乗れない高さではないかな。でもこれがT-Maxになると少し大変そうだ。

 そんな風に、乗り味を確かめるようにしながら近郊を走り回り、偶然得た、天佑ともいうべきマジェスティライフを、満足がいくまで楽しんだ。

 そのあと家にいったん帰着し、ゲームなどをしていると、やがて点検終了を知らせるTELが入った。むぅ、なかなか仕事が早いな。速やかに点検が終わったようでよかったような、もう少しマジェスティを味わいたかったような、複雑な気分だ。

 ってことでバイク屋へ、乗るのも最後かもしれないマジェスティで向かい、そこで整備内容を聞いたり、整備代を支払ったしりといった、こまごまとした諸事を片付けると、手元に我が愛車が戻ってきた。

 さて、マジェスティのあとでFZ6に乗ってみると・・・軽い!軽いよ! 車重や取り回しが軽いと言うんじゃなくて、乗っていての軽快感が違いすぎる。加速、減速、旋回。各動作のキビキビ感が違うのだ。慣れの問題を別にしても、やはりスクーターとは違う乗り物なんだと痛感するとともに、自分の愛車がますます気に入ってしまった。

 レッツ、キビキビ!

日記: 2月10日(2007年)」への2件のフィードバック

  1. Nez/蝿

    シート下の収納スペースがごつかった。
    フルフェ入れてなお余裕のありまくりな容量で、
    そこは確かにかなりうらやましかったかも。

    そう考えると買い物機として、やはり5km生活圏でも使えるか!
    恐るべしビグスク。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。