日記: 6月10日(2008年)

 今、私が最も気になっているものの1つが、ルンバだ。

 ルンバ (R(h)umba) とはキューバのアフリカ系住民の間から生まれたラテン音楽であり、リズム名でもあり、ダンス名でもある・・・というこのルンバではなくて、自動掃除ロボットのルンバだ。

 私のようなガンダム世代ならば、「自動掃除ロボ」というだけで、当然なにか惹かれる響きに感じるはず。あだ名は当然ハロだ(ウソ)。でも、そのような、ごくごく個人的な嗜好を差し引いても、勝手に掃除をしてくれるというのは、とても魅力的に感じられる。毎日の帰宅後に、綺麗な床面を見ることができるというのは、すばらしいことに違いない。

 そんなわけで私は、前々からこのルンバには僅かな注目を寄せていたわけなんだけど、なんとここへ来て、私の姉夫妻がこのルンバを導入しやがったのだ! 姉の家ではルンバの登場で、姪が笑うわ、姪が泣くわ、姪がスイッチを一心不乱に連打するわの大騒ぎらしいんだけど、肝心なその詳細な使用感はまだ訊けていない。

 姉の感想が絶賛だったら買ってしまおうかなぁ。うーん。

日記: 6月10日(2008年)」への3件のフィードバック

  1. v

    丸っこい奴はよく通販CM等で見かけましたが色々なタイプが有るんですねぇ。

    というか大きな家なんですねw

    返信
  2. Nez/蝿

    vさん:

    トイレに行くのにシャトルを使うのは大変ですよ。

    Chefさん:

    球体がぐるぐる回って、掃除箇所で変形ですね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。