日記: 7月10日(2009年)

 ちょうど近所を通りかかったので、お台場ガンダムを見てきた。

 正式公開が明日(7/11)からだというので、10日の今日はおそらく、比較的人が少ない状態で見られるラストチャンスだ。正式公開じゃないから、まだ囲いをされていて近づくことはできないだろうけど、どうせ遠望するのが目的だからそれでいいのだ。

 ゆりかもめで新橋から揺られること20分くらい。台場につくまでの間に、ゆりかもめの車上から何度か見えたガンダムの姿は、すでにかなりの存在感。一人静かにテンションを上げながら現場へと向かった。

 そして到着。

 で、でけー!

 想像していたよりも、だいぶホンモノっぽくて驚いた。かといって無機質に過ぎるということもなくて、うまい具合にアニメ的ニセモノっぽさと、軍事兵器的ホンモノっぽさを融合させている感じだ。立ち姿も、一見するとただ直立しているように見えて、実は絶妙に今にも動きだしそうな姿勢を取っているので、遠めに見ると本当に動くと言われても信じられそうな気がした。

 うむうむ。あんまりこういう馬鹿(褒め言葉)なお金の使い方をしなそうな日本人だけど、これはとても馬鹿馬鹿しくていいな。いいものが見れて良かったよ。

日記: 7月10日(2009年)」への7件のフィードバック

  1. Nez/蝿

    vさん:

    子供の乗り物のパンダあるじゃない。100円入れて動くやつ。
    あれのザクレロバージョンを設置すべきだと思うんだ。

    へびさん:

    それは気合入りすぎじゃないですか!?
    勢いあまって撃墜しないように!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。