日記: 2月14日(2010年)

 かつての愛車(バイク)時代、積載量のアップのためにHepco&Becker製のトップケースを設置していた。これはなかなか便利かつ大容量で、しかもあまり世間で見ないシルバーのデザインがお気に入りでもあった。オッサンくさいというのは言いっこなしで。

 でも現在の愛車に乗り換えてからは、そのトップケースを設置することはせずにいた。設置するにもお金や加工が必要だったし、せっかくの新車をそのままの姿で楽しみたかったからだ。だからこのトップケースも活躍の機会がないまま、実家の片隅に放置され続けていた。

 しかし、それから約3年。キャンプツーリングの開始などで、積載の問題も大きな課題となってきている。そこで、そろそろ今の愛車にもトップケースをつけようと思い立ち、設置用のパーツをドイツから輸入する算段をつけるに至ったんだけども、ひとつ問題があることを思い出した。

 Hepco&Beckerのジャーニートップケースの鍵は、非常にもろいのだ。

 購入時、2本ついてきた鍵は、すでに1本が根元から折れてしまい、もう1本も折れる寸前という状態になっている。今の状態では、怖くて気軽にケースの開閉もままならない。

 鍵ってのは普通、その辺の金属の中ではもっとも硬い部類のはずなんだけど、このHepco&Beckerのジャーニートップケースの鍵は、グニャグニャのアルミ製なんだよな。何でこんな素材なのか理解に苦しむけど、これが海外クオリティなのだろう。

 かつてはこの状況を打破するために、その辺の合鍵屋に行ってみたりもしたんだけど、この箱の鍵がドイツ製かつ特殊用途な規格外の鍵のために、作成できないといわれてしまった。だったらせめて、Hepco&Becker社の日本代理店に同じ鍵を発注しよう、と思った時期もあったんだけど、それをする前に愛車を乗り換えて、トップケースの使用機会がなくなってしまったので、この計画も棚上げになったままだ。今ではHepco&Becker社の日本代理店というもの自体がなくなってしまっていて、この手段も気軽には採れなくなってしまっている。

 さてどうしたものか。ドイツにメールでも送って、直で合鍵を購入できるか掛け合うか。うーん、それは面倒くさそうだな。困った。

 するとそんな時、ある情報を手に入れた。

 「鍵屋のFUKI系列は凄腕」

 というネタである。実際に、その辺の鍵屋では断られたバイクのトップケースの合鍵を、さくっと作ってもらえたという報告さえあった。この報告のトップケースはGIVI社のものだったけど、これは期待できるかも知れない。

 一縷の望みをかけて、私は折れかけのバイクの鍵を手に、最寄のFUKIへ向かった。

 (長いので、次回に続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。