RIFT: エキスパートダンジョン

 RIFTではレベル50になるとエキスパートダンジョンなるものに挑戦することができる。

 エキスパートダンジョンは、レベル50になるまでに挑んできた既存のダンジョンの、高難易度バージョンといったものだ。スタンダードバージョンと同じマップを使用しつつも、出現するモンスターのレベルは50超になり、ネームドの数も倍増している、といった変化が見られる。パーティー単位で挑むもののなかでは、最難関といっていいPvEコンテンツだ。

 そんなエキスパートダンジョンへ、ここ2日ほど連続で挑んでみた。いずれもSilverwoodsにあるRealm of the Faeのエキスパート版だ。

 しかしその結果は・・・1日目:ネームド6匹中4匹目挑戦中に時間切れ、2日目:ネームド3匹目退治の時点で時間切れ、という残念賞に終わった。トホホー。いずれも3匹目までしか倒せなかったので、攻略は半ば程度、というステータスのまま今に至っている。

 いやー、さすがに歯ごたえがある。MMORPGにおいて求められる、要求に応じた装備を整えて、目的に特化したビルドを組み、常に集中して挑み、よくスクリプトを理解する、というようなPvE攻略のエッセンスがふんだんに盛り込まれている。厳しい楽しくもダンジョンだ。

 特に今は、挑戦し初めなので一番厳しい時期かもしれない。ノウハウもないし装備も整いきっていないことを痛感している。でも、こういう手探りの時期が、一番楽しくもあるね。クリアをするだけ、アイテムファームをするだけなら、すでに攻略が進んでいる人たちの野良募集にでも参加すれば、一応できるのかもしれないけど、自分たちで試行錯誤をする快感はまた格別だ。

 ご存知ヒネクレモノの私としては、パターン化されがちな「ガチ装備」「ガチビルド」に集約されていくであろう、この高難易度の流れは少し窮屈ではあるんだけど、今はそれなりに楽しめているよ。

 とりあえず今回挑んだRotFは、ちょっと難しいという話もあるので、次はもう少し楽かもしれないFoul Cascadeあたりのエキスパート版に挑んでみたいな。うむうむ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。