RIFT: Rogue育成に悩む

 AltのRogueをちまちまと育てているんだけど、どうもWarriorのスーパーイージーモードに慣れてしまっていると、RogueのソロPvE活動がきつい。強い弱いというよりは、操作が多くて面倒くさい。何とかしたい!

 ってことで、いろいろと試した軌跡をお届け。ただし、Rogue育成にさほど時間を費やしていないので、どれもこれも「5分考えて、30分使った」というくらいのものだということはお断りしておく。

 目指すところは、「3INC余裕でした」なのだが・・・。

 【ケース1:Nightblade/Blade Dancer/Ranger】

 Lv1~25まで使っていたビルド。特に何も考えていない。Lv10代までの0ポイントイノシシが十分堅いうちは、イノシシの横で殴ってるだけよくて楽だったけど、Lv25あたりになると2匹くるともうしんどいという状態にまで凋落した。このしんどさが、いろいろとビルドを考え出したきっかけ。

 【ケース2:Ranger/Marksman/Bard】

 イノシシ強くして、自分は安全圏から撃てばいいんじゃね? という素人考えで試したビルド。イノシシとの距離が開いているときに、自分が殴られると困ると判明。ペットが死ぬと一巻の終わりなので、ペット操作がシビアで面倒くさいし、プレイのテンポもいまいち。プレイスタイルに合わないのでやめ。

 【ケース3:Blace Dancer/Bard】

 回復しながら殴ればいいんだ! Warriorでやっているのと同じ結論に達した。完全に脳筋発想。なんとなく避けながら殴れるイメージでBlade Dancerをチョイス。しかし思惑通りとはいかず、なんだかパンチ力が弱くて、戦闘が長くて、回復も結構する頻度が多くて、いろいろとダメ。Blade Dancerというチョイスに疑問を感じたのでリタイア。

 【ケース4:Nightblade/Bard/Riftstalker】

 ケース3の再考版。とっとと倒したいので、防御にさして寄与していないBlade Dancerを廃し、アビリティに慣れていてDPSもありそうなNightbladeで殴るプランに変更。防御面はRiftstalkerで堅くなる方向にシフト。

 ・・・というところまでで現在に至る。

 結局どれもこれも全然「3INC余裕でした」じゃない! ぐおー!

 当たり前だけど柔らかいんだよなぁ、Rogueは。ケース3、4あたりはWarrior脳を活かして、3つくらい引っ張ってきて、自力で耐えながらAEAEAEで焼き殺すようなことをしたかったんだけど、全然ダメだった。こっちが先に死ぬ。

 Rogueは堅くなれないわけではないんだけど、それにはコンボポイント消費したり、アビリティをうまく回したりと、操作面の制約が多いようで、面倒くさい。使うホットボタンは2、3個程度にして、ハナクソほじりながら戦いたいんだけど、Rogueというトリッキーなクラスでは甘い考えなのだろうか。くそう。

 さーて、次は何を試そうかな。Saboteurって使ったことがないから、使ってみようかな。よく聞くのは、RangerやBardと組んだペット囮のAE焼き焼きビルドだけど、Lv37でそれを実現するポイントは足りるのだろうか。っていうか、ペットでAEプランの前に、ペットにAE Tauntを実装したいところだ!

 楽したい! ボスケテ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。