日記: 8月19日(2011年)

 モニターを衝動買いした。

 これまで使っていたのは、4年前に買ったBenQのE2000W。それほど不満はないんだけど、今日日20インチというのは少し小さく感じるようになってきた。実家のマシンですら22インチで、実家でRIFTを遊んだあとに、自宅でRIFTを遊ぶと、少しスケールダウン感を受ける。自宅のマシンのほうがスペックがいいのに、それを発揮できないというもったいなさを感じていた。

 調べて見ると、当時BenQのE2000Wは30,000円ほどだったという記録をしているんだけども、現在では、ゲームユースに向いた、応答速度のよい、しかも数インチ大きなモニターが、15,000円程度で手に入る世の中になっているらしい。うーん、この4年で液晶モニターの価格もずいぶんお手ごろになったものだなぁ。

 4年前の半額で、しかも大きく、綺麗なモニターが手に入るとは、いい時代になったものだ。

 ってことで、思い切って買ってしまったというわけだ。買ったのは、同じくBenQのE2420HD

 正直、壊れてもいないモニターを世代交代させるという買い物には、若干の罪悪感を感じないではないんだけども、買ってしまったものは仕方ないだろう。せいぜい長く使えることを祈ろう。

 しかし、実はちょっと後悔もしている。24インチのモニターを前にしてみると、この大きさは必要なかったかな、という気にもなるのだ。それに画質が劇的に向上したわけでもなく、いままでに重大な遅延を感じていたと言うわけでもない。基本的にはなんらスペックの向上がなく、単に画面の上下左右に数センチの追加スペースができた、というだけなのだ。4年前の半額で買えるというのはお徳な話だけど、4年前に1回買ってしまっている以上、今更買ったところで、ただの追加出費にしかならない。冷静に考えるとあまりお徳感がなかったかな、と。

 同時に、使い道のない、しかしまだまだ元気な旧モニターの今後も悩みの種だ。捨てるのはもったいないし、取っといても使い道がないし、デュアルモニターにする理由もないし。結局トラブルに備えて物置に置いておくことになるんだろうけど、それが食う一定のスペースもまた1つのコストとなって、私に覆いかぶさり続けるのだろう。

 一応、「HDだ!HDだ!」と陳腐な家電屋のような宣伝文句で自分を慰めてはいるんだけども、置き場所に困ってしまった旧モニターを眺めつつ、やれやれと肩をすくめる私なのでした。

日記: 8月19日(2011年)」への5件のフィードバック

  1. Awayuki

    人間慣れると怖いものです。
    私は27インチモニター使っていますが、最初は大きすぎと思っていたけど今は22インチですと小さいと感じています。

    返信
  2. へび

    うちはいまだに4:3の21.3インチ♪
    買い換える気なんて、
    まったく起きないぐらい大満足してますよっ!

    返信
  3. teltel

    うちは24インチワイドと17インチスクウェアのデュアルです。24の方はIPSで視野角が広いのはいいけど、3Dゲームすると遅延で酔うねw
    17インチはもっぱらブラウザ用。

    返信
  4. Nez/蝿

    Awayukiさん:

    27インチは大丈夫。私の机には乗らない!

    へびさん:

    サイズはともかく、ワイドは便利ですよ!
    サイズより解像度がやっぱり快適さに影響するわけで。

    ゲームしながら隙間に情報を置くのが楽チン。

    teltelさん:

    遅延は一応少ないとされる機種を選んだ。
    デュアルモニタはいまひとつ用途が思いつかないんだよなぁ。

    Tilwiiさん:

    Awayukiさんへの返信と以下同文

    返信

へび へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。