日記: 5月13日(2012年)

 ジャンクフードな話題。最近の初挑戦とか、お気に入りとか。

 ・マルちゃん正麺

 これは美味かった。従来の袋入りインスタントラーメンとは確かにだいぶ違う。特に食感が新しくて、インスタントラーメンと、生ラーメンの中間くらいの位置にあった。強いて言えばノンフライのカップ麺に近かったけど、でもそれともやっぱり違う、まったく新しいものだった。

 醤油味を買ったんだけども、スープも粉末ではなく、濃縮液体スープで、この辺もインスタントラーメンよりも生ラーメンに近かった。スープの味そのものは、ごま油とにんにくの風味が少し強すぎるきらいはあったけど、でも十分おいしかったよ。

 ・緑のたぬき 天そば コンビニ限定! かき揚げと玉ねぎ天入り

 またしてもマルちゃん。

 カップそばといえば、どんべえよりも緑のたぬき派の私。そんな緑のたぬきのコンビニ限定商品がこれだ。通常のものに加え、玉ねぎ天がころころと入っていてお得。安く昼食を済ませる日などに重宝している。

 緑のたぬきはほんの一時期、わかめを混入するという愚行によって、私が見限っていた時期もあったんだけども、わかめの混入を廃止し、こういった魅力的な商品をリリースするという善行を最近は重ねているので、また購入してやることにした。その調子で頑張りたまえ、うむうむ。

 ・焼き味 豚丼 十勝仕立て(吉野家)

 吉野家の新豚丼。煮た豚肉ではなく、焼いた豚肉のどんぶり。十勝仕立て、と書いてあるけど、十勝の豚丼を食ったことがないので、どの程度似通っているのかはわからない。

 写真ではずいぶん厚切りの豚肉に見えるけど、実際に供されたものは遥かに薄切りな豚肉だった。それでかなりがっくりきたんだけども、予想してたよりも美味かったよ。甘めのタレと、肉と、ご飯がなかなかマッチしていて、悪くなかった。

 欲を言えば、もう少しだけでも安価だと、牛丼と価格帯で住み分けができてよかったんだけどなぁ。牛丼と同じ値段、ってのはアピールが足りない気がするよ。

 ・牛カルビ丼(松屋)

 松屋の焼肉丼。こっちは牛肉。カルビ定食の肉をどんぶり飯に乗っけたものだろうと想像して食べたら、やっぱりそんなものだった。味もそのまんま想像通り。

 ただ、たまたま立ち寄った店舗が悪かったのか、もともとそういうものなのかわからないんだけど、あの薄っぺらい肉が、ギリギリどんぶりを覆いきれるか、という程度しか入っていなくて、満足できない一品だった。ご飯に対する肉の比率が低すぎる。メニューの性質上、タレでおかず不足を補うこともできないし、ご飯の消費が苦しい食べものだった。

 東京チカラ飯への対抗なのか、最近各チェーンで「焼肉丼」系メニューが増えているような気がするんだけど、こっちはないなぁ、と思ったよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。