日記: 10月31日(2012年)

 私が何度評価しているMCC食品株式会社。

 今回はここの重慶飯店監修麻婆豆腐醤を試してみた。

 私は麻婆豆腐が好きなので、面倒のない「豆腐以外なにもいらない形式のレトルト麻婆豆腐ソース」を、割とヘビーユースしている。メーカーはいろいろと試してみて、丸味屋、CookDoときてフジッコのものに最近は落ち着いていた。値段、手間、味のバランス的にフジッコが攻守最強と思っていたのだ。

 そんな私の前に現れたのがこのMCCの重慶飯店監修麻婆豆腐醤だ。MCCというだけで無条件に期待してしまうほどに、私はMCCのレトルトを信用してしまっているので、発見した次の瞬間には買い物かごに入れ、レジに向かっていた。どんな味なのか、楽しみだ。

 この麻婆豆腐ソースの面白いところは、電子レンジ用ということだ。深い皿に賽の目に切った豆腐を並べ、ソースをかけて電子レンジでチンせよ、と外装に記載されている。これは面白いな。鍋を使わないということで、洗い物が1つ減るのもうれしい。とはいえ、その分味も落ちるようでは問題があるが、果たして・・・。

 この調理法に多少の不安はあったものの、初回なので素直に記載に従うことにした。深い皿に豆腐を並べ、ソースをかけ、電子レンジを使う方法で調理してみる。やってみるとわかるけど、一丁の豆腐を並べられる皿は、案外大きな皿が必要だった。我が家にある皿ではかなりギリギリだったので、大きな皿の持ち合わせがない場合は注意されたし。

 電子レンジへ投入し、5分待つ。

 出来上がった麻婆豆腐を軽くかき混ぜ、食う。

 ほほう。

 悪くない。鍋で煮込んだ麻婆豆腐とは少し風合いが違うけど、出来栄えが今までのものよりも日本向けにローカライズされていない、というか、本格的な雰囲気があった。和風麻婆豆腐特有の「スープ煮込み豆腐」っぽさがなくて、「豆腐の味噌和え」という雰囲気が強い。また味のほうも山椒や香辛料がよく効いていて、たまにシャリっと山椒の粒を感じるほどだ。さすがMCCという満足のいく味に仕上がっていた。うん、うまいうまい。

 これは、和風麻婆豆腐が食べたい、という気分の時には向かないけど、そうじゃないときにはかなりオススメできそうだ。調理方法は、電子レンジでもいいけど、次回は少し水を加えて、鍋で煮こんでみてもいいかもしれない。

 あまり売っていない商品だと思うけど、見つけたらまた買っておこう。

 (全然関係ないけど、MCCの「神戸三国志伽哩」も気になる。げぇ!孔明!?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。