日記: 6月12日(2013年)

 Xperia Tablet Z(SONY製10インチ型タブレット)を衝動買いしてしまった。

 前々から旅行に行ったりする度に、旅先での情報収集や、事前に集めておいた資料の閲覧用に、タブレット型の端末を1つは欲しいと思っていたんだよね。今まではそれをネットブックかスマートフォンで行っていたんだけど、前者は重量が重すぎて気軽さが無かったし、後者は画面が小さくて作業効率が悪かった。その両方を解決してくれるのは、いまやタブレットしかあるまい、と考えていたわけだ。でも、なかなか欲しいと思える機種が発売されてはくれなかった。

 シェアトップのiPadは、iOSの縛りがある限り私の選考からは外れている。Appleの締め付け体制はやっぱり好きになれない。iPhoneからAndroidのスマートフォンに移行してそれがはっきりと分かった。ハードウェアはすばらしいんだけど、iOSの不自由さには耐えられない。脱獄とか面倒くさいし。

 一方で、Android登載のタブレットも、これまではいまひとつ魅力的なものがなかった。Androidの自由さがある、とはいっても、ハードウェア的な部分でどうしてもiPadと比べると見劣りしてしまって、購買意欲をそそらなかった。

 そこでやっと買ってもいいかな、と思えたのがXeperia Tablet Zだ。薄くて軽くて防水でバッテリーの持ちもそこそこ良さそうでデザインも悪くないし評判も上々。これは買うしかないな、ってことで買ってしまった。

 で、昨日はLoLがサーバーダウンだったこともあって、いろいろといじり倒した。いやー、いいおもちゃだわー。

 10インチ型なので、携帯性はそんなによくない。基本的には家の中での使用になるだろう。でも非常に薄くて軽いので、かばんに忍ばせて持ち運ぶのはそんなに苦ではなさそうだ。移動中はスマートフォン、腰を落ち着けられるならタブレット、とすみ分ければ問題はないだろう。逆に住み分け前提だったので、7インチ型の選択肢はなかった。

 動画の再生などは予想以上に画質も音質も綺麗。防水なので、風呂場で動画やWeb、電子書籍の閲覧をするにはもってこいだ。防水スマートフォンでの風呂場閲覧が比較対象になってしまうので、この画質、音質の向上は凄まじいものがある。

 不満点は今のところそんなにないんだけど、強いてあげれば充電かな。マニュアルを読んですらいないのでよくわからないんだけど、PCとUSB接続をすると、データの送受信はできるんだけど、充電はされないようだ。充電したい時には、USBをPCから外して、アダプターをつけて、コンセントに刺す、という手間が必要になっている。これがやや面倒くさい。

 とはいえ、トータル的にはかなり満足している。これで今まで長い間旅先用PCとして活躍してくれていたネットブックの名機、ASUS N10Jc君がお蔵入りになってしまうであろうことは残念だけど、これも時代の流れかな。ネットブック、とかいまや聞かなくなってきた単語だし。

日記: 6月12日(2013年)」への2件のフィードバック

  1. teltel

    スマホ買ったよ!→「なにかったの?iPhone?」→いやAndroid→( ´_ゝ`)フーン
    ・・・この1ヶ月で何度同じやり取りをしたか・・・なんなの、あのiPhoneユーザーの上から目線!!

    返信
  2. Nez/蝿

    うくく。

    でも最近はさすがに、

    携帯電話
     └スマートフォン
       ├iPhone
       └Android

    という階層構造であるという認識は進んでいて
    まだ良くなっているよ! 一時期は

    携帯電話
     ├iPhone
     └スマートフォン

    だったもんなー。
    iPhoneが栄光ある孤立を保っていた。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。