台湾2013: 5.大腸包小腸

 士林夜市で前回食いたかったけど食えなかったものを食おう第2弾。

 大腸包小腸。

 すごい名前だな、おい。というのが最初の印象なんだけど、その実態は、モチ米の腸詰め(ほぼおにぎり)を切り開いて、そこに肉の腸詰め(ほぼソーセージ)を挟み入れるというもの。ホットドッグのパンが米になったものだと思えば、ほぼ間違いはないと思う。ライスバーガーのホットドッグ版、と思ってもいい。

 で、味も完全にそんなものだった。ソーセージご飯。可もなく不可もなく感動もなく。すごいのは名前だけ。出オチ芸人ポジ。

店舗外観

大腸包小腸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。