LoL: ランクマッチをやってみた

 まだまだLoLが主力の日々。

 LoLに関しては、前回の更新(2014/02/15)から1ヶ月弱が経過した。この期間での大きな事件はといえば、はじめてのランクマッチをやってみた、ということだろう。

 ランクマッチは、最初の10戦はプレイスメントマッチ、つまり最初のランク付けのためのテストマッチになる。ここでいい成績を残せば、はじめから上のほうのTierから始まるようだ。

 で、結果はどうだっかというと・・・

 3勝7敗でした! ダサい! トホホー!

 この戦績で配属になったのは、Bronze 1というTier/Division。だいたいの場合、新規参加者はBronze~Silver下位になるようなので、プレイスメントの戦績の割には、ずいぶんましなところにいったな、という印象だ。どういう判定なのやら。正直Bronze 3あたりになるかな、と思っていたよ。

 プレイスメントのあと、さらに数戦ほどランクマッチをやってみたけど、勝っては負け、勝っては負けって感じで、一向にランクが上がる気配はない。そのTier/Divisionで勝率が6、7割になるくらいの実力を見せないと、上にはあがっていけないようだ。つまり、私にとって今のところBronze 1が適正なのだろう。ま、こんなもんでしょうな。

 で、ランクマッチが一応視野に入ってしまうと、普段のノーマルマッチでのプレイも、同じルールで遊びたくなってしまうので、最近はもっぱらノーマルマッチでもドラフトピックルールで遊んでいる。

 ドラフトピックだと、「好きなロールで遊びにくい」というのが難点だけども(高速コールで強引に取れない)、ピック時の駆け引きとかトレンドがわかるといった、メタから楽しめるという点で面白い。ミラーマッチにならないのもいいしね。

 ただなぁ。ドラフトピックで遊んでいると、私のチャンピオンプールの貧弱さを痛感するよ。じわじわと増えてきてはいるものの、まだまだ所持チャンピオンが少ない。無課金勢のつらいところだ。
 
 チャンピオンプールにせよ、ランクにせよ、1人前になれるのは遠そうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。