TESO: F.A.T.E.

 ついにきたPatch 1.2。

 蓋を開けてみればそこには、FF14のFATE地獄が蘇っていたのだったーっ、べんべん。

 パッチの結果、クラスやら武器のスキルのバランスは当然変わった。でも、それ以上に大きく変わったのは、PCとNPCの力関係だった。予告されていた変更点ではなかっただけに、全く予想外だったこの変更で、ゲーム様相は一変してしまった。

 端的に言って、「ソロで敵が倒せなくなってしまった」のだ。

 まったく倒せない、というのは言いすぎにしても、さりとてあながち遠すぎる表現でもなかったりする。敵NPCのHPや攻撃力が、ざっと1.5倍~2倍(VR10ゾーン調べ)になってしまったのだ。今までソロで余裕で倒せていた、普通の雑魚NPCに勝ちにくくなり、ましてやクエストボスなどを相手取るのは、相当難しいことになってしまった。

 その結果、ソロコンテンツというものが死滅し、せっかくVRのCAPが上がったにもかかわらず、満足にVRを上げることすらできなく・・・なるかに思えた。

 しかし、そこに一筋の光明が!

 そう、それが今回のお題であり、「FF14のFATE地獄」とも称したVR上げ法だった。

 そのVR上げ法とは、本質的にはFF14のFATEや、RIFTのRift、GW2のDEとおなじようなものだ。フィールド上に現れるイベントボスを、大勢集まった人々でぼてくりまわして、経験値を得るという方式のレベル上げ。新ゾーンの数箇所にあるイベントポイントを、順番に周回し続けては、大勢に混ざって殴るだけの単純作業。単純なのに経験値が美味しい上に、毎回緑~紫のアイテムが出る箱も開けられるので、さらに美味しい。まさにローリスクハイリターンのコンテンツが、堂々誕生していた。

 それに参加してみたところ、VRを1つあげるのに2~3時間、実質半日ほどで、あっさりと引き上げられたCAPのVR12に到達してしまった。紫アイテムも通産100個は拾っただろうか。なんというか、簡単にレベルが上がったし、アイテムも充実したのは良かったけど、ここまで簡単だと、本当にこれでよかったのかなぁ、とも思ってしまうな。

 というか、ダメだろ、これ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。