日記: 7月21日(2014年)

 北コッツウォルズの3日目。

  • 朝4時に目覚める
  • シャワーを浴びて、だらだらしたあと朝の散歩
  • コーヒーを入れたマグを片手に歩く
  • 昼は暑いのに早朝はなかなか冷え込んでいて清々しい。日本の高原のような気候
  • 朝食はフルイングリッシュブレックファスト。バックベーコン、焼きトマト、焼きマッシュルーム、ベイクドビーンズ、フライドブレッド、自家製イングリッシュソーセージ、ブラックプディング、卵はスクランブルドにしてもらった
  • ハッシュブラウンではなくてフライドブレッドというのが初体験。あげパンというか巨大なクルトンのようなものだった。サクサクで脂じんわりの高カロリー食
  • 朝食後はシェイクスピアの故郷、ストラトフォード・アポン・エイボンへ。30分程度のドライブ
  • 駐車場を探すのと、狭めの駐車場に停めるのとで苦労する。ペーパードライバーには辛いシチュエーションが多い
  • シャイクスピアの生家へ。まぁ、こんなもんか、という印象
  • 有名観光地だけあって、中国系の観光軍団が騒がしくて興が削がれた
  • シャイクスピアの娘婿の家、という微妙な場所、ナッシュの家にもいったけど、これもまぁそんなもんかレベル
  • ハサウェイティールームでお茶兼ランチ。クリームティーをいただいた
  • 巨大なスコーンはプレーンとレーズンの2つ。しっとりずっしりぼろぼろ系スコーンに山ほどのクロテッドクリームをつけて食べる。腹がはち切れる
  • 車に戻ってウォリック城へ
  • またしても駐車場問題に悩む
  • ウォリック城至近の駐車場は満車だったので、城まで徒歩10分くらいの離れた草原駐車場に止めた
  • 優雅に駐車できて悪くもなかったかな。駐車券券売機でてこずっていたら地元のおじさんに助けられた。去り際に「cheers」とかいっちゃってかっくいい
  • ウォリック城は夏休みに入った子供連れで大にぎわい
  • 割りとファミリー層向けのコンテンツが多い。子供用のおもちゃの剣とか鎧のとか弓矢とかのお土産が多くて男の子だったら大喜びだな、と思った。ゥン十年まえにきたかった
  • 場内の展示は刀剣類やメインでこれまた男の子心にクリティカルヒット
  • Guy’s Towerなる塔に登って街と城内を一望。吹き抜ける風が心地いい
  • ただ登るまでに、行列の中で螺旋階段を延々上がっていくのは大変だった
  • 城内では、中世戦士の模擬戦闘、鷹匠の演技、遠投投石器の火炎弾発射など、色々なアトラクションも行うようだったけども、時間が合わなかったので、模擬戦闘を少しだけ見るにとどめた。これは結構コメディーだった
  • マニアックな観光地のせいか、中国軍団はいなかったんだけども、なぜか日本人の関西弁女子高生軍団がいた。制服を来ていたから夏休みのホームステイか何かかね
  • B&Bに戻って少し休憩後、夕食を食べにブロードウェイへ
  • スワンホテルの1階のレストランで食事。銘柄不明のローカルエールとエールパイを食べた
  • エールパイは、玉ねぎの甘味の強いビーフシチューのパイ包み焼き、って感じだった
  • バタンキュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。