英国’14: 18.Heathrow/Windsor Marriott Hotelの朝食

 英国最初の朝食は、英国旅行の定番とでもいうべき、ホテルのレストランでの「フルイングリッシュブレックファスト風ビュッフェ」だ。

 英国旅行が他のヨーロッパ旅行に比べて、確実に優っている点のひとつは「朝食」に相違ない。とにかく朝食がボリューミーで美味しい。

 伝統的なフルイングリッシュブレックファストは、ベーコンやソーセージやハッシュブラウンといったカロリー十分な料理が、これでもかとプレートに乗って供されるものなんだけども、その内容物をビュッフェ形式にして提供する、というのが、英国内の多くのホテルで採用されているスタイルだ。日本の観光ホテルでよく見られる、日本の典型的な朝食和定食の内容(納豆、海苔、味噌汁、焼き魚etc)をビュッフェ形式で提供する「朝食バイキング」の英国版だと思えばいい。

 とにかく、英国は日本と同じく朝食に気合が入っている。いわゆるコンチネンタルブレックファストのような「パンとチーズとフルーツ」というようなものとは格が違う。肉あり、揚げ物ありのガッツリメニュー。朝からそんなに食わないよ、という非難もあろうが、私はこのガッツリ感を愛すのだ。

 ってことで、ガッツリ食った。美味かった。「英国で美味いものを食いたければ朝食を3回摂れ」というのもうなずける。朝食にハズレなし。

 ちなみに写真の皿に乗っているのは以下の通り。

  • スクランブルエッグ(とろとろ)
  • バックベーコン(かちかち)
  • イングリッシュソーセージ(ふにゃふにゃ)
  • ハッシュブラウン(ぎとぎと)

 野菜? なにそれ? 脂質、たんぱく質、炭水化物でGO。

 あ、そうそう、朝食の会場は昨晩のディナーのレストランだった。「現地の家族連れ」というのが主な客層。このあと、近隣のレゴランドなどにいくのだろうと思われた。

イングリッシュブレックファスト風ビュッフェ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。