英国’14: 30.機内食

 グルメ編最後の記事は機内食だ。

 今回は「プレミアムエコノミー」というエコノミーとビジネスの中間クラスに乗ったので、少しだけ食事は豪華だった。正直それでも所詮は機内食なんだけども、カトラリーが金属で、布製のナプキンがついてきて、といつもと違うなにかは感じ取れた。

献立表

スナックとドリンク

往路ディナー(チキン)

往路ディナー(ビーフ)

スナックボックス

往路朝食

復路ディナー(うなぎ)

復路朝食(ぴんぼけ)

英国’14: 30.機内食」への2件のフィードバック

  1. Awayuki

    こうして見るとイギリスの料理は手間をかけていないな。
    簡素な感じなはずの機内食でもそれほど見劣りしない・・・

    返信
  2. Nez/蝿 投稿作成者

    それはいえる。
    イギリスは料理(Food)がまずいというよりも
    料理(Cooking)が好きじゃないような気がするんだよね。
    スーパーとかを思い出してもそのまま食えるものとか
    チンすれば食えるものがすごく多かったような気がする。
    伝統料理もオーブンに突っ込むだけとかが多いかもしれぬ。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。