LoL: 久々に1戦だけ

 先週末に、長風呂に入りながら、LJLのチャンピオンシップとオールスターの動画を視聴しまくったんだけども、その影響で、急にLoLで遊びたくなってしまった。ならば遊ぶしかあるまい。

 ってことで、久々に1戦だけ遊んでみた。

 起動すると、まず大量のパッチが待ち構えていた。現役でプレイしていても、あっという間にゲームバランスが変わっていたこのゲーム。それをこれだけ間を空ければ、そりゃパッチも多いし、中身も相当変わっているんだろう。

 とはいえ、復帰プレイなのでなにをしても楽しいはず。変更内容をチェックすることもせずに、いきなりレベル30のノーマルブラインドに乗り込んでみた。

 やりたいロールもなかったので、他の人が選択するのを待ち、余ったところを取るプランにした。すると、余ったのはADCになった。Duoレーンか。すまん、SupportのBlitz君。Supportを自主的に取るということは、Supportの腕に自信ありなのだろうが、しかし私はブランクありありなのだよ。一緒に死のう。

 しかし、そのBlitz君はピック確定後になって、「俺、Supportヘタなんだよねー。でも楽しきゃいいだろ」とかぬかしよった。自信ありでもなんでもないやんけ。ははは、いいぞ、いいぞ。こっちも罪悪感がなくなった。私も「俺、これ半年振り。操作覚えてないわ」といっておいた。他メンバーからの「lol」「gg」がでたところで、試合開始だ。

 結果からすると、ボロ負けた。でも、最初っからそんな感じだったので、幸いにもギスることもなかった。それどころか、死にまくっているのに、やけにハイテンションなチームで、実に面白かったよ。敵チームが「降参しろよ」とか言ってきても、「俺らはあきらめねええええ」とか言い返して、突撃していったり(即Ace食らったが)。なんか、EQ初期の脳筋外人プレイって感じでほほえましかった。

 ってなわけで久々の1戦は、LoLの面白いところを味わえて運が良かった。場合によっては、LoLの嫌なところを味わう可能性もあったわけだから、負けはしたもののマッチメイクはラッキーだったというべきだろう。

 とはいえ、自分の操作はかなりウンコだったなー。自分のTristanaに対して、対面はAD Oriannaという謎ピックだったけど、敵Junglerの介入もあって、普通に相手にキャリーされてしまったよ。正直、「これは勝ったな」と最初は思ったのに。トホホのホ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。