日記: 11月21日(2015年)

 はじめてJAFを呼んでしまった。

 今修理中のミニの代車として、乗りもしないのにコンパクトカーを借りているんだけども(もちろん代車費用は相手方持ちなので無料だ)、本当に1ヵ月ほど乗っていないでいたら、バッテリーが上がってしまった。

 ちょっと前にバイクのバッテリー上がりに対処したばかりなのに、今度は代車かよー。ブースターケーブルでも買ってくるしかないかー。

 と嘆いていたんだけども、そこでふと、JAFの存在を思い出したのだ。ミニの購入を機に入会し、年会費を支払っているJAF。せっかく入会したのだから、使えるものなら、バンバン使わなければ損というものだ。

 そう思ってウェブで調べてみると、会員だったらバッテリー上がりの始動は無料とある。これは使えそうだ。早速電話をし、問い合わせてみると、30分程度で来れるというので、お願いしてみた。

 きっかり30分後。JAFの救援車がやってきて、バッテリーに発電機をセットして、エンジンをさくっと始動してくれた。作業時間わずか8分。電話をしてから40分足らずで、すべての作業が完了し、あっさりと車を動かせるようになった。

 うーむ、便利だな、JAF。呼び方をはじめとして、利用時の一連の流れなどもわかったし、今後もトラブルの際には、積極的にお世話になっていくことにしよう。お世話にならないに越したことはないけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。