日記: 6月17日(2016年)

 2016年バイク車検更新シリーズ1:車検証の住所変更編。

 バイクの車検証の住所を変更しないまま、ここ8年ほど放置していた。

 今まではそれでも、同一区内の住所変更だったので、納税役所が変わるわけでもないし、自動車税の通知書も正しく届いていたから、別にそれでもよかった。でも2年前の引越しで、ついに納税役所も変わってしまい、それに加えて管轄運輸局も変わったから、そろそろ車検証の住所変更を行い、あわせてナンバーも変更しなければなるまいなぁ、と思っていた。

 ということで、今回の車検更新を機に、車検証の住所変更を行い、新しいナンバーを取得することにした次第だ。

 いつもだったらこの辺の雑務は、車検のついでとしてディーラーにぶん投げているところなんだけど、今回は車検自体をディーラーではなく、安価なサービスを提供するところで簡単に済ませるつもりだったので、車検証の住所変更については、自力で運輸支局までいって行うことにした。

 運輸支局の受付時間は、平日の8:45~11:45、13:00~16:00。お定まりのお役所タイム。役所の受付時間が一般的な労働者にまったく適合していないということについては、いい加減なんとかしろといいたくもあるが仕方がない。なけなしの有給をはたいて、金曜の午後に運輸支局までいってきた。

 ちなみに運輸支局に行く当日までの準備は以下のとおり。

 (1)ナンバープレートを用意。自動車の場合は、ナンバープレートに封印が施されているので、ナンバーの変更を行う場合、その車両ごと運輸支局に行く必要があるが、バイクのような軽車両の場合は、ナンバープレートを自分で外してもって行けばいいらしい。

 (2)車検証。もちろん持参。一応念のためセットの自賠責証書と納税通知書も持っていったけど、必要だったのかはよくわからない。

 (3)住民票。住所変更の経緯を示すために用意。

 (4)戸籍の附票。住所変更が複数にわたる場合、その経緯を示すために用意。わざわざ本籍地の区役所までいって取ってきた。

 これらを用意して、いざ現地で手続き開始だ。

 結論としては、まぁそれなりにスムーズに終わった。あえて難を言えば、ハード(表示や書類)・ソフト(役所の人間)両面で、いまひとつ誘導が弱くて、いちいちこちらから質問をしないと、次のステップに正しく進めなかったのが面倒ではあったかな。この辺は、やっぱり役所は民間サービスと比べると数段劣る感じだ。

 ともあれ、1時間半ほどで無事住所を変更することができた。ナンバープレートの管轄地名も変更になり、気分一新といったところだ。

 かかった費用は以下のとおり。

  • 住民票: 200円
  • 戸籍の附票: 300円
  • 申請書類: 20円
  • ナンバープレート代: 540円

 合計1060円。やりたかったことは、「書類の住所記載欄を書き換えたい」というだけだったので、高いといえなくもないし、でも新しいナンバープレート付きでこの値段なら、悪くないという気もする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。