ESOJP: メインシナリオ完了

 モラグ・バル討伐!

 英語版のときの記事と、まったく同じ構図のスクリーンショットを撮っていることに、今この記事を書いていて気がついたんだけども、この討伐シーンの演出は格好いいからどうしてもこれを撮ることになってしまうんだよな。うむうむ。

 モラグ・バル戦の感想も、写真の構図と同じく以前と変わっていなくて、なかなか格好いい演出が多くて好印象だった。オンラインゲームなんだけども、メインシナリオはソロで頑張れ、と割り切ったからこそのできばえだろう。特に今回は日本語版なので、ダイアログのみならず、戦闘中の音声すらもすべて理解できたので、その面白さは英語版の数倍上だった。何回繰り返して言うんだ、っていう感じだけど、やっぱり日本語は偉大だ。

 モラグ・バル戦自体の難易度は、英語版のときよりも圧倒的に楽だった。これはCP140越えというキャラスペックの問題も大きいとは思うけど、それ以上に英語版での「(弱かった時代の)スタミナソーサラー」に対する、現行の「マジカナイトブレード」の優位性が大きいのだと思う。火力もサステインも段違いだ。

 ともあれ、これで一段落だ。

 2勢力目、3勢力目のタムリエル漫遊プレイは残っているものの、そろそろ未知のDLC方面に手を出してみるのもいいかなぁ、とか思っているよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。