ESOJP: 侵攻! インペリアルシティ

 モラグ・バル討伐!

 ・・・はできなかった。

 週末にギルドイベントで、シロディールにある「インペリアルシティ」というエリアに、ギルドメンバー総勢30人くらいで乗り込んできたので、その報告記事だ。

 真はそのクライマックス(?)というべき、モラグ・バル(霊体)との戦闘シーン。なお、倒せなかった模様。即死級のエリアワイドAoEDDが飛んできたけど、そもそも倒せるのかね、あれは。謎だ。

 また、上では「乗り込んできた」とか勇ましいことを言っているけど、これはちょっと語弊があるかもしれない。みんなはともかく、私はのこのこ付いていっただけなので、「乗り込んでいるのに黙ってついていった」くらいの表現が妥当だ。

 そもそもギルドチャットでの告知は、「シロディールに行きます」だったんだよね。だからてっきりPvPをしに行くもんだと思っていたんだけども、ふたを開けてみれば、実はおおむねPvEのイベントだったのだ。

 PvE好きとしては、その方向性に異存はないんだけども、今回は完全に想定外だったおかげで、なんの予備知識や準備もないままに、参加することになってしまった。それで自分の中で目的意識を持てないまま、とりあえずの追従に徹せざるをえなくなってしまったのが、ちょっと残念だった。正直ボーっとプレイしていた。

 なによりも、事前に荷物に余裕を作ってこれなかったのが、実に悔やまれる。あんなに戦利品が出たのに!

 今この記事を書きながら、Wikiでインペリアルシティのことを調べて、いまさらながら今回のエリアの仕組みがつかめた次第だ。なるほど、そういうエリアだったのかぁ。たしかDAoCにも、あとからこんな「PvE&PvPのハイブリッドゾーン」が追加されたような気がするなぁ。その経験からすると・・・結局シビアすぎて寂れる系のヤツじゃないのか、これは。かかか。

 で、いまだによくわからないのは、占領旗の意味だ。Wikiにもその意味が載っていないんだけど、あれは単純に「護衛NPCが湧く」というだけだったのかな。

 ともあれ、未知のエリアを観光するのはやはり楽しかった。1人じゃほぼ間違いなく到達できないエリアだったろうしね。あの人数をリードするのは骨だっただろうし、イベント運営には感謝感謝だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。