日記: 2月7日(2017年)

 昨年11月。マンションの管理会社より水道工事の連絡票が、郵便受けに投函された。曰く、「○号室(私の部屋)の水道の減圧弁の耐用年数が過ぎ、交換の時期が来ています。ご都合の良い日程をお聞きしたいと思いますので、後ほど弊社よりご連絡差し上げます」。

 昨年12月。まだ連絡は来ない。こちらから3度連絡するも、担当者不在でつながらず。工事しないことになったのだろうか。

 今年1月。まだ連絡は来ない。正直、もう忘れかけていた。

 そして昨日。2月6日。マンションエレベーターホールの掲示板。「○月○日、以下の部屋の減圧弁交換工事を行います。○号室、○号室、○号室、○号室・・・」。そこに私の部屋番号はなかった。

 え、なにそれ。ウチももうやばいんでしょ? なんで放置されてんの? なんか悪いことした?

 ・・・私はキレた。

 即電話だ。クレームだ。クレーマーだ。モンスター居住者になるのだ。

 「(トゥルルルルルル、ガチャ)はい、○○(管理会社名)ですが」

 ―○○マンション○号室の蝿ですが!

 「はい、どのようなご用件でしょうか」

 ―(上の説明を説明)というわけなんだけど、どうなってるの!?

 「あぁ! 大変申し訳ないです。では日程のほうを・・・」

 ―いや、違うでしょ。なにさらっと再スタートしてんの。

 「うっ・・・」

 ―では、じゃないよ、では、じゃ。まず、なぜここまで遅れたのか、なぜウチの部屋はスルーしていいという判断になったのか、その辺を納得いく形で説明しろって話でしょ。

 「いや、あの、その」

 ―なんで連絡しなかったの? 忘れてた? 放置? こっちから連絡してもつながらないし。

 「えーと・・・」

 ―で、連絡が付いていないが交換時期のきている部屋がある、って状態のまま、なぜそこをスキップして進めようとした? それで万が一事故が起きたらどうする気だったの? ウチはどうなってもいい部屋扱い?

 「あの、本当におっしゃるとおりで、申し訳な・・・」

 ―こっちは管理してもらうためにお金を払ってるわけでしょ。それがこんな杜撰な管理だと怖いわけよ。こういうことがあると、この件だけじゃなくて、もっと致命的なところでも杜撰なんじゃないかって不安になるんだよ。信頼できないわけ。わかる?

 「はい・・・」

 ―今のこの状態わかる? 住民が管理会社を管理している状態だからね。こっちがお金欲しいって話だよ。

 「はい・・・」

 ―あなた社会人でしょ? 連絡するといって3ヶ月も放置して顧客を怒らせたら、ウチの会社だったら許されないんだけど、そちらの会社では普通のことなの? 普通ありえないでしょ。

 「はい・・・」

 ―このことはあなたの上司は知ってるの? 杜撰な仕事をするリスク背負ってる?

 「いえ、あの・・・」

 ―ケンケンケンケンケンケンケンケンケンケン・・・

 説教しました。小1時間(嘘)説教しました。電話相手が若者なのかおっさんなのかもわからないけど、新入社員を教育する勢いで説教です。

 で、そのあと本題の工事日程についての話は、30秒で終わりました。この30秒を後回しにして忘れたばっかりに、大目玉を食らった管理会社の担当君なのでした。

 マジで心いれかえろよ!

日記: 2月7日(2017年)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 日記: 2月12日(2017年) | Fly!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。