GRW: 3人め!

 13人め!の時点で、製造のリーダー、ラ・グリンガとの対決ミッションがアンロックされた。

 ってことで、挑んできた。

 リーダーや幹部との対決ミッションは、案外軽い。難易度はともかくとして、5、6個のミッションを経ないと終わらないボスミッションに比べれば、アンロックさえされてしまえば簡単だ。

 ってことで、このミッションもさっくりと終わらせることができた。

 しかし、いつも通り、ストーリーはよくわからなかったなぁ。

 このゲームは、ミッションを終えると次に開放されたコンテンツに関する説明を、ボウマンからの通信で受け取る、という形式で進行していく。でも、ミッション終了直後のタイミングって、報酬アイテムを見たり、マップを眺めて次の方針を考えたりしたくなるタイミングだから、通信を聴き取れないメニュー画面を開いているタイミングと重なることが多くて、知らぬ間に聴き逃してしまいがちなのだ。

 で、いつも聞き逃してから、「あ、しまった。またやってしまった」ってなる。聴き直せないわけではないけど、マルチプレイ中だとそれもしにくいしね。仕方がないね。

 ともあれ、ミッションの内容は、なぜか反乱軍に守られながら、カルテルに襲われているラ・グリンガを助ける、といった内容だった。初回はその敵対関係がよくわからなかったこともあり、ラ・グリンガを死なせて終わったんだけども、ネタがわかってしまえば簡単なミッションだったと思う。

 でも、「あれ?なんで守るのだ?味方なのか?」とか思ったのに、いざカットシーンになると「刑務所で苦しめ」とかなったりもして、謎は深まるばかり、というミッションだった。ラ・グリンガとは何者だったのだろうか。

 ・・・まぁ、いいや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。