日記: 8月31日(2017年)

 Destiny 2のPC版オープンベータに参加してみた。

 結論から言うと、いまいちだったかな。

 ゲームの出来は悪くはなかったと思う。軽快にストレスなく遊べるし、グラフィック的にも視覚的なアピールと視認性や判別性とのバランスが悪くない。UIもシンプルでわかりやすい。
 
 ただ、ジャンルが私の求めているものとは少し違った。ひょっとしたら製品版では、もう少し求めているエッセンスが含まれるのかもしれないけど、ベータで私が遊んだごく短い範囲には、その気配は感じ取れなかった。つまり、私個人の要求が原因で、合わなかった。

 私が求めているのは、もう少しRPG色の強いものだったんだよね。装備の概念とかがあるから、そういったキャラ育成的な部分を大いに楽しめることを期待していた。

 でも、そもそものスタート時点で、キャラメイクという項目がなかったところから、なにか違うな、と感じてしまった。そしてプレイを進めても、アイテムドロップのような要素もなく、敵からはライフかアモが落ちるのみ。あたりまえだけど、あぁ、これはかなりFPS寄りだな、RPG要素がないな、と私都合で理不尽に落胆してしまった。

 私が期待していたのは、結局「軽快なSF版Division」「キャラメイクできるBorderlands」くらいのものだったんだと思う。FPSながらも重度にキャラメイクとハクスラ要素が欲しかったのだ。そのうえで、協力ミッションをワイワイできればいいな、というくらいの目論見だった。それは見事に夢破れた。

 ってなわけでDestiny 2。私においては、まぁ、製品版はスルーでいいかな、というところだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。