旅飯ハワイ18: 食べ物以外

 というわけで、2018年のハワイ旅行を食を軸に記録してきたシリーズも、帰路の機内食をもって終了した。

 最後に、食べ物以外で記録しておきたいいくつかのことを、写真とともに載せて、結びとしたい。

 今回の旅行もなんだかんだで、もう一度行きたいと思える旅行だったけど、なかなかそうもいかないだろうなぁ。

 ハワイに限らず、またどこか、海外旅行に行ける日が来るだろうか。来ると信じて、日常を乗り切っていこう。

 【チャーリーズタクシー】

 ホノルルの空港からホテルまでの移動手段として最もメジャーといっていいハイヤー。ハワイは3度目だったけど、今まではホテル送迎付きツアーだったので、初めての利用となった。

 日本で予約をしておいて往復で利用したけど、簡単快適で実によかった。

 行きは、まず空港で呼び出すための電話をすることになっている。となると、「コインがないと公衆電話を使えないぞ。小銭を入手しなければ」と考えていたんだけど、実際は逆だった。並んでいる公衆電話は、すべてコイン非対応で(「ただいまコインは使えません」と表示されてる)、クレカでなければ電話できないようになっていた。なんというクレカ社会か。旅行者としては楽なので歓迎だけども。

 ただ、なんとなく「空港では電話しなくてもいいのかもしれないな」という感じでもあった。チャーリーズタクシーの車溜まりの場所を知っていれば、そこに係の人がいたので、電話せずとも直接行って、予約している旨を伝えれば、乗れるんじゃなかろうか。知らんけど。

 帰りは予定時間の10分前にはホテルにきて待機してくれていた。チェックアウトより先にいた。ノーストレスで帰れた。

 【アストン・ワイキキ・ビーチ・タワー】

 泊まったコンドミニアム。一応高級な部類だと思う。今回の旅は老夫婦がただただのんびりと滞在するコンセプトだったので、宿泊一点張りでお金を吐いた。

 100平米越えの広いコンドを3人利用という贅沢。ラナイ(広いベランダ)からはワイキキビーチからダイヤモンドヘッドまでを一望できる。地ビールとおつまみとを買い込んで、潮騒を聞きながら、ずーっとラナイでうだうだしているだけで幸せな気分になれる。そんなコンドだった。

 それだけに、今回の滞在を通して、天候がいまいちだったのが心底悔やまれる。

 チェックイン時には、早めのチェックインや、希望ユニットの指定にも応じてくれて、サービス面でも文句なしだった。金さえあれば何度でもリピートしたい。んが、実際はこんなところに行くのは最初で最後だろう。

 なお、現在はザ・レジデンス・アット・ワイキキ・ビーチ・タワーと改称されている模様。

 【シャワートイレ】

 部屋のトイレはシャワートイレ付き。ピンボケだしどうでもいいんだけど、FrontとかRearという表示が新鮮で、ついついカメラで写してしまった。

 【クヒオパレード】

 2018年3月24日の土曜日に、クヒオパレードなるパレードが大通りで開催されていた。

 しかし、天候はあいにくの雨。今一つ盛り上がらない、なんとなく寂しげな雰囲気に終始していた。

 【ダニエル・K・イノウエ国際空港空港】

 ホノルル国際空港は2017年4月27日から、ダニエル・K・イノウエ国際空港空港に改名されている。

 日系人の名を冠しているというのはどこかうれしい反面、ホノルル国際空港という名前のほうが、ハワイに来たなぁ、という気分は盛り上がるので複雑な感じがした。

チャーリーズタクシー

アストンワイキキビーチタワー

ラナイからの朝の景色

ラナイ

シャワートイレ

クヒオパレード

ダニエル・K・イノウエ国際空港空港

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。