R6S: へーたーすーぎー

 はい、もう下手すぎて悲しみを背負っているレインボー隊員蝿です、こんにちは(楽しいけど)。

 今日は若葉マークを100枚くらい顔面に張り付けている私の、よくある死にパターンを紹介するよ。

 【パターン1: 危ない場所へ移動】
 特に防衛では、これね、これ。

 よくあるケースは、せっかく安全な場所で潜んでいたのに、敵を狙おうと安易に移動したら、移動先は安全じゃなかったせいで死ぬ。というパターン。

 防衛で、自信がないから安全志向でキャンプという行動を選択したくせに、しかし真っ先に死ぬお馬鹿な蝿さんは、このパターンが多い。

 まずこれをなくさないと、と思って可能な限り気をつけてはいるんだけど、それでも思わぬ射線が通っていたりして、まだまだ事故が多発する。観察力と知識との両方が求められて難しい。

 LoLで言うと、ブッシュをフェイスチェックして死ぬ感じ。

 【パターン2: あれ? 味方さん?】
 これも防衛で多い。

 そっち側を味方が見てるなら、私はこっち側を見よう、という感じで見張りをすることはよくある。そんなときに、味方がみているから安全だろう、と思って意識していなかった方面から、しかしするっと敵が入り込んできていて、殺されてしまう。

 そこで気が付く、味方は期待する方面を、その時点ではもう見てくれていなかったのだと。

 味方よおおおおお、信じてたのによおおおお、と一瞬思うけど、きっと味方の移動の判断にも、一理も二理もあるのだろう。味方の移動に対応できない私が青い。

 LoLで言うと、サポートがロームしてるのにプッシュして死ぬADC。

 【パターン3: ぼっち】

 攻撃で多いやつその1。

 うろうろしてるうちに味方が全滅。自分しかいないで、死。どうしようもないけど、味方が死ぬシーンに関与できてないので、やっぱり自分もダメなのだろう。マップも定石もわからないから、うろうろで時間を浪費しがち。少なくとも味方が死ぬまでの間に、なにかアクションを起こしたい。

 LoLで言うと、プッシュするでもなくTopに居座り続けるティーモ。

 【パターン4: ぼっち2】

 攻撃で多いやつその2。

 味方がうろうろしているうちから、単身ガチャガチャと音をたてながら進入。敵の注目を一身に集めた結果、多勢に無勢でしめやかに死去。陽動にもなににもなってない、完全なる犬死に。

 LoLで言うと、味方のヤスオ。

 【パターン5: 普通に撃ち負ける】

 下手なだけのヤツ。先に気が付かれてる、とかじゃなくて、むしろ先に撃っても殺しきれずに負けることすらある。頭を狙え? 高さを合わせろ? 御冗談を。

 個人的には、この負けはあきらめてる。状況五分は勝てるやつにだけ勝てばいい(そんなにいないが)。

 LoLで言うと、ブロンズ5。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。