FO76: Fallout 76を傑作にする10の方法

 Fallout 76を傑作にする10の方法 a.k.a. ぼくのかんがえたさいきょうのななろく。

 【1.バグを直す】

 超えるべき当然のハードルにして最難関。

 【2.安定性を増す】

 1.と似てるけどこれも大事。近年ではこんなにCTDするゲームは珍しい。

 【3.パッチノートを正確にする】

 ユーザーとの信頼関係の樹立は重要。隠してもバレることを隠すのはデメリットしかない。

 【4.ターゲットを明確にする】

 前作は確かに、いろいろな楽しみ方を許容できる懐の深さがあったが、今作は明らかにそういうゲームではない。どちらかというとニッチなつくり。にもかかわらず曖昧な言葉で、前作同様に広い層を取り込んだ結果、「思ってたのと違う」という怨嗟が渦巻き、実態以上の不評を得てしまっている。

 「このゲームは、Fallout 4をバニラ新サバイバルで遊び、その不便さマゾさをこそ楽しめた、という奇特な人に向けています。modで何でもできる世界がいい人、気に入らないことはコンソールで処理したい人、とにかく不便が嫌いな人には向きません」とはっきり言ったほうがいい。

 【5.サーバーホッピングを非効率にする】

 複数のポイントをめぐるより、サーバーホッピングして(サーバーを切り替えて)1つのポイントに挑み続けるほうが効率がいい、というデザインは健全ではない。

 安直に対策するなら「そのサーバーへの滞在時間が長いほどドロップテーブルが良くなる」や「各所のデイリークエストをこなすのが最効率」などだろうか。もちろんこれは【2.安定性を増す】を達成しなければ主張できないが。

 【6.ユニークアイテムのレベルを固定する】

 クエストで得られるユニークアイテムのレベルが、クエスト達成時のレベルで上下することで、「クエストを進めたいが、報酬アイテムのレベルを上げるために、本来クエスト達成に必要なレベルよりも、30ほど多めにレベルを上げなければいけない」というような、間抜けなゲーム体験を生んでいる。「率直に言って穴」なデザイン。

 【7.売り物をランダムにしない】

 NPCの品ぞろえを切り変えるためにサーバーホッピングをさせるようなデザインをしてはいけない。「全部並べる」か「その日の品ぞろえはサーバーホッピングしても変わらない」とすべき。

 【8.所持レシピを買わせない】

 自分の知っているレシピや設計図を買う、というような誤った行動をさせないでほしい。覚えているものは読めない、のだから、覚えているものは買えない、だってできるはずだ。

 【9.貴重品を売らせない/解体させない】

 ユニークアイテムやお気に入りアイテムを失うリスクを下げるサポートくらいはしてほしい。ユニークアイテムを解体できないのなら、お気に入りアイテムを解体させないことはできるだろう。売り買いに関しては、まぁ買い戻せるから許せるライン。

 【10.ファストトラベルを一律価格にする】

 ファストトラベルにかかる費用が距離に応じた価格になっていることが、C.A.M.P.の設置候補地を限定してしまっていることが大問題。このデザインでは、ファストトラベルの費用効率を勘案すると、「マップ中央から見てVault 76から点対象になるエリア」のなかで皆選定してしまうだろう。

 結果的に、ファストトラベル費用効率の良いエリア以外の、多くの素晴らしい景観や体験をもたらしてくれそうなエリアが、ことごとく過疎地と化してしまっている。

 好きな場所に拠点を築ける、というC.A.M.P.システムは、Fallout 76の持つ素晴らしいアイデアなのに、それをファストトラベルのコストごときが殺してしまうのは、あまりに惜しい。

FO76: Fallout 76を傑作にする10の方法」への2件のフィードバック

  1. 隠れファン

    いつも更新楽しみにしてます

    いや~、良い記事です
    僕も感じてたこと、僕が考えもしなかったこと、良くまとまっていると思います

    まあ、僕はもうすでにFO76引退してますが~w(いや、この冬はゲーム豊富なもので~)

    ぜひ、グーグル翻訳してベゼスタに投げるべきかと?

    返信
    1. Nez/蝿 投稿作成者

      ありがとうございます。
      ベセスダに投げるほど画期的ではないかなぁ。きっとすでにベセスダが100000000回くらい受け取ってる意見の集合のような気がする。

      ともあれ、こっちはまだまだFO76で遊べそうです。年内はもつカモ。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。