日記: 11月28日(2019年)

 沖縄旅行の話、その10【橋の駅リカリカワルミ】。

 エピソードを小分けにしすぎてボリュームを出しすぎたことを後悔しつつある本シリーズ。が、始めてしまったので最後までやろう。いつか見返した時に、きっとそうしてよかったと思えるはずだ。

 2日目のドライブ旅行の次の立ち寄り地は、ワルミ大橋の手前にある施設、橋の駅リカリカワルミ、というところだ。ここで遠くに見える、これから向かう予定の古宇利島と古宇利大橋の絶景を眺め、同時に、食堂で昼食をとることにした。

 まず絶景。はい、きれいでした。

 食堂の窓からも食事をしながら絶景を楽しめたし、展望台に上ればさらに遮るもののない、より鮮やかな角度からその絶景を望むことができた。

 そして食事。これも旨かった。

 正直に言うと、店構えがかなりしょぼくて、入店前には「(ここ味とか大丈夫かな・・・)」とクオリティをかなり疑問視していた。建物の雰囲気が贔屓目に言ってもさびれた町の公民館みたいな感じだったから。

 でも、意を決して食券を購入し、しばし待って供されたアグー丼なる「豚の甘辛焼き丼卵黄乗せ」を食べたら、いやー旨かった。両親の食べた、豆腐チャンプルーも、ソーキそばも旨かった。洗練された美味しさというよりは、街の食堂の美味しさという方向性で、味濃いめ量多めという面の良さだったけど、そういうB級グルメもまたヨシだ。

 しょぼい外観でも、中に入ってしまえば逆にアットホームと言えないこともなかったし、お茶やサラダも撮り放題だったし、疲れを癒し、空腹を満たすには十分以上だった。満足満足。

 続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。