FO76: バー・ウェイワードの愉快な面々

 Wastelandersで追加になった数々のコンテンツのうち、私が最初に手を付けたのは、バー「ウェイワード」のミッションラインだ。

 バー・ウェイワードは、Vault 76の南、監督官のキャンプの目の前に新しく建設された、粗野ながらもしっかりとしたバーだ。アパラチアにやってきた入植者たちの憩いの場として機能しているらしく、すでになじみの客がいたり、事件が起こったりと、すっかりこの地になじんでいる。

 そんなバーにまつわるトラブルを、数件のミッションにわたって解決していくのが、このウェイワードのキャンペーンだった。

 難易度は高くなく・・・というか、実に簡単だった。

 ミッションの関連エリアがVault 76至近のエリアということもあって、おそらく今から新キャラでこのゲームを始める人でも、序盤のうちにこなせるくらいの難易度に抑えられているのだろう。エリアの出現NPCレベル制限に引っかかって、敵のレベルもせいぜい30どまり。プレイヤーごとに固有になるインスタンスエリアの中でこそ、私のレベルに引っ張られて敵のレベルは68まであがったものの、それでさえも敵の脅威はぬるく、死の危険を感じるどころか、回復薬を使う場面もほとんどなかった。

 ともあれ、そのくらいの難易度のほうが復帰直後のぎこちないプレイにはちょうど良かったし、ダーク&ユーモアなFalloutシリーズらしいミッション展開は、楽しい体験になった。

 もうすっかりオフラインのソロゲームのノリではあるけど、これはこれで面白い。Fallout 76の新たな展開を喜びつつ、次のミッションを探しに行こう。

 まだ、新しいファクションである入植者にもレイダーにも会っていないのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。