FO76: 新築C.A.M.P.

 久しぶりにC.A.M.P.を建て直した。

 場所は今までとほとんど同じ、ホワイトスプリングのゴルフ場。

 ここに建てていた今までのC.A.M.P.が、理由はわからないけどメチャメチャ描画処理が重くて、帰宅するのが億劫だった。たぶん、負荷のかかるオブジェクト(光源とか噴霧器)を重ねすぎたんだろう。

 そこで重いオブジェクトを減らした、気軽に帰れる新築住居に建て直して、新鮮な気持ちでWastelandersの世界に挑もう、と決意した次第だ。

 さて、ここで登場するのが、Wastelandersとともに導入された「コンテンポラリーC.A.M.P.バンドル」だ。

 いやー、買ってしまいましたよ、この高価なバンドルセット。アトミックショップで1200ATOMS。今までろくに使わず溜めに溜めてきたATOMSを、えいやっとここで放出した。

 すごく気に入ったから、というわけでもないんだけどね。でも思い切って使わないと、せっかくたまったATOMSを使うことなく、このゲームを引退しそうだから、思い切って使ってしまった。いい決断だったと思っている。

 そして建ったのが写真のキャンプ。

 いいじゃなーい。間取りがちょっと「箱」なのはご愛敬。あまり大きくして、また負荷がかかるのを恐れたのだ。だけど、いい感じに田舎の長閑な住宅感が出ているから、いいとしよう。しばらくは帰宅の度に、いい雰囲気に浸れそうだ。

 今回のコンセプトは、住居と工房の分離。

 写真にメインで写っている家には、実はベッドと楽器とコンロしかない。

 ほかの発電機や生産設備は、すべて離れの工房によせてある。おかげで住居サイドは穏やかな空気を保てている。ただ、これが実用となるとどうなるかな。ひょっとすると住居のほうには立ち寄りもせず、工房だけで生活することになるかもしれない。

 でも、まぁ、それはそれで「外から眺める家」としてATOMSを大枚はたいた外観をフルに活かせるからいいとしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。