CF: GvGサーバー体験

 Guild vs Guild(GvG)サーバーを体験してみた。

 結果から言うと、「GvGサーバーを散歩した」「少々のNPC退治をした」という程度の体験になり、何度か発生した「GvG的な戦闘」では、まだ準備不足な我々は、GvGサーバーの巨大ギルドを前に、敗退を重ねることになった。

 んだけども、そういう直接的な成果よりも、とりあえずこのゲームのGvGサーバーの仕様というか、立ちまわり方が、自分の中で腑に落ちた、という理解の点で収穫が大きかった。

 どうやらこのゲームの通常サーバー(Starting Server)のPvPゾーンと、GvGサーバーの関係・仕様は以下のようになっているようだ。

  • 通常サーバーのPvPゾーンでは、敵対Factionとのみ戦える
  • GvGサーバーでは、同ギルド/同盟ギルドメンバー以外の全員が敵になる
  • 通常サーバーのPvPゾーンでは、死亡時にGoldのみドロップする
  • GvGサーバーでは、死亡時に装備品以外のすべてをドロップする
  • 通常サーバーでは、アカウントVault(銀行)に無制限にアクセスできる
  • GvGサーバーでは、GvGサーバーの銀行にのみアクセスできる
  • 通常サーバーからGvGサーバーへのアイテム移動は、1キャンペーン期間で30個まで
  • GvGサーバーから通常サーバーへのアイテム移動は、無制限(VIPだけかも?)
  • 通常サーバーのリソースノードはRank 6まで(たぶん)
  • GvGサーバーのリソースノードはRank 9までみた

 たぶんこんな感じなんだろうと思う。違うとこもあるかもだけど。

 うーん、ふむふむ。

 となると、たぶん想定されている流れとしては、

  1. 通常サーバーでキャラをある程度育てる
  2. 通常サーバー用とGvGサーバー用の装備品を揃える
  3. 育ったキャラと装備品をGvGサーバーに持っていく
  4. GvGサーバーで遊ぶ
  5. 通常サーバーに帰るときは装備品はGvGサーバーの銀行に置いていく
  6. 通常サーバーでは通常サーバー用の装備に着替えなおして遊ぶ

 っ感じなんだろうな。

 2重で装備を用意しておけば、割と気軽にサーバー間を移動できる・・・気がする。違うかな。

 盲点というか、面倒くさそうなのは、乗り物も2つ用意しないと駄目だった、ってことだ。気を付けよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。