カテゴリー別アーカイブ: Fallout 76

FO76: いまさら不屈

 不屈はじめました。

 弱体化されたのにいまさらか!

 ひねくれものなものでね。全盛期にはやらないわけですよ。そして弱くなってから手を出す。無意味な矜持。

 ってことで、おもむろに不屈ビルドを試し始めています。

 まだ完成させてはいないけど、とりあえずアーマーは不屈4つに、保険のために1か所だけ救命にした。2つ目以降の効果には全くこだわっていない。とりあえず不屈がつけばヨシとする、って感じで、適当にクラフトしまくって揃えた状態だ。

 これでもなかなかアーマーをクラフトする過程は楽しかった。久々にジャンクが尽きてしまい、特定のジャンクを集めるためにアパラチアを紛争する日々は、長く忘れていたトレハン・ジャンク拾いの楽しさを思い出させてくれたよ。

 そしてまだまだビルドはできていなくて、特に致命的なのはPerkのSerendipityがない、ということだ。正確にはまだ★1しかない。Perkカードをもう2枚集めないとSerendipity★3にならないので、レベル上げが急務だ。

 しかし現段階でも、血濡れ、副腎反応、Nard Rage!といったオフェンス面の要素はそこそこ揃っているので、不屈の特徴である高い攻撃力は発揮できている。

 その感想は・・・まぁ強いかな。

 倍近い攻撃力になったので、ワンヒット、ツーヒットでの撃退がしやすくなった。ただ大前提であるピストルビルドというところは崩していないので、ピストルの限界とでもいうべきものはあるかもしれない。そもそも火力が低いうえに、ステルスに向いた武器が少ないから、不屈に向いているかといわれれば怪しいものだ。

 それに予想通りだけど、かなり死にやすくなった。よくよく考えてみると、今のキャラはもう1年くらい死んでなかったと思うんだけど、不屈にしたらもう2回も死んでいる。デスペナがほとんどないゲームだから死んでもいいといえばいいんだけど、やっぱり死にたくはない。Serendipityが揃っていない点を加味しても、これはやっぱり大きなデメリットだ。

 トータル的に言えば、強くなったシチュエーションと、そうでもないシチュエーションがある、といったところかな。

 アパラチア生活全般に関して言っても、よくなった点とそうでもない点がある。

 いい点はS.P.E.C.I.A.L.が全体的に向上したことで、STRのアップで荷物が多く持てる、PERのアップでV.A.T.S.がよく当たる、INTのアップで経験値が多くもらえる、CHAのアップで売買が有利、AGIのアップでステルスがばれにくい、LUCのアップでクリティカルゲージが溜まる、というように、数多くの生活上の利点があるというところだ。

 悪い点は、死にやすいってことを除けば、「環境からの放射能に敏感にならなければならない」ということかな。いいかえれば、「HP管理が面倒くさいこと」といってもいい。そういう不屈のパフォーマンス維持にまつわる部分だ。

 不屈ビルドでないときは、レジェンダリーPerkのWhats RAD?をつけていたこともあって、環境RADに関しては、もう完全に過去の悩みといった具合で、すっかり無視できる要素に成り下がっていた。それが不屈にしたら、また「チリチリチリチリ」って音を聞いたら、即座に逃げなければいけない身分に戻ってしまった。RAD弱者。面倒くさい。

 ともあれ、今は新鮮な不屈生活が楽しい。ビルドが完成していないこともあって、完成させることがプレイのモチベーションになっているのはいいことだ。久しぶりに惰性の域を超えた、能動的な気持ちでFallout 76に臨めている。

 まずはSerendipity★3、それにDodgyやRicochetを試していくことにしよう。ベンダーでより良い血濡れ武器を探したり、レジェンダリーモジュールやその他の素材を集めて、さらなるガチャにトライするのもいい。

 やることはいっぱいだ。

 以下メモ。なくなりがちなシークレットアーマー素材のための日課。

  • 鉄: 武器を売らずに砕く
  • プラスチック: ワトガハイスクール、猫屋敷
  • ゴム: グラフトン小学校体育倉庫のボール
  • 粘着剤: 頑張って生産

FO76: スクライブ・オブ・アヴァロン完走

 シーズン3のS.C.O.R.E.ボード「スクライブ・オブ・アヴァロン」を完走した。

 S.C.O.R.E.ボードを完走したのは初めてのことだ。シーズン1「レジェンダリーラン」はまったく触りもしなかった。シーズン2「アーマーエース」は後半になってからプレイに復帰したので、中途半端に進めたところで期間が終わってしまった。

 そして今回の「スクライブ・オブ・アヴァロン」は、はじめてその期間の最初から最後までをプレイできたS.C.O.R.E.ボードとなり、無事達成に至ったというわけだ。

 S.C.O.R.E. 100までにかかった期間は、ほぼちょうど2か月。与えられた猶予期間は3か月だったから、まぁまぁの余裕を持っての達成となったといえるだろう。

 プレイ頻度はかなり高かったと思う。毎週のウィークリーは「Nuclear Winter(NW)とデイリーオプスを除いて」ほぼすべて達成してきた。デイリーも同じ条件で9割以上こなしたんじゃないかな。かなり堅実にこなし続けたはずだ。

 期間の余りようからすれば、もう少しデイリーなどはサボっても平気だったとは思うけど、どのくらいまでサボりが許容されるかが、はっきり数値としてわからないから切迫観念が強くて、かなり詰め込みめにプレイしてしまったかもしれない。

 さて、実際に完走しての感想というか、報酬についてだけど、PerkカードとPerkコインが最も嬉しかった、といって差し支えないかな。モチベーションの大半は、この報酬目当てだった。

 Atom報酬ももちろん普通にうれしい。ただAtomは、私がエリクサー症候群に罹患しているため、どうしても思い切って使いにくく、無駄に温存してしまって、なかなか有効利用できていない。財布の中で腐っている。

 現金や金塊も悪くない報酬だった。メインキャラではもう不要だけど、3人目のキャラを育てていた都合上、そこに投入できる資産となったので、成長の補助として有用だった。

 いくつかの家具。これらはなくてもいいけど、もらえたおかげで多少のハウジングの楽しみ増加となった。

 いまいちだったのは装備系のスキン各種。好みに合うものがなく、結局一つとして使っていない。一番ハズレ報酬だった。エモートもいらないかな。

 ってことで今シーズンのS.C.O.R.E.ボードを完走してしまったFallout 76。S.C.O.R.E.稼ぎがプレイの最大のモチベーション、というようなところがあったので、いまや次のシーズンまでは、Fallout 76で遊ぶ理由が少なくなってしまったな。いちおう、3人目の育成がまだ途中だから、こいつの再建稼ぎのためにチョボチョボとデイリーをしていくのは無駄ではないけど・・・まぁ、しばらくは低頻度プレイにしてもよさそうだ。

 まったりとシーズン4を待つとしよう。

FO76: 新パッチと1、2、3人目

 新パッチが当たった。

 大きな変更は、スタッシュ容量の増加に、アイテム関連のUIの変更、マップ上のショップ表示の変更、ってところだろうか。

 スタッシュ容量増加は普通にうれしい。うれしいけど、結局持てるギリギリまで資源を集め、そこからのやりくりゲームが始まるだけのようで、早くも増加した400のうちの300ほどは埋まってしまった。使いもしないジャンクは売ればいいのに、どうしてもギリギリまでは保持してしまう。

 アイテムのUIはそんなにQOLを改善していないかな。むしろ項目が多岐にわたったせいで、目的のものを探すのが難しくなっているような気さえする。

 マップ表示はよくなった。買い物のためのC.A.M.P.巡りがしやすい。ここは武器がたくさん売られている!と思ってファストトラベルしたら作物再生爆弾が20個あるだけだった、というような悲劇が無くなりそうだ。あとは効率の良いチャレンジ消化のために「シェルターの有無」が表示されるとなおいいんだけど。

 また、最近は3人目のキャラを育てている。

 当初は「レベルアップチャレンジ」をこなすための使い捨てとして誕生した3人目なんだけど、2人目のキャラがだいぶ育ったことで、メインの遊び相手として、こいつに出番が回ってきた次第。割とのんびり育ててはいたんだけど、ついにレベルが50になってしまった。こうなればこいつも、派閥クエストを終わらせてやって、金塊集めモードに突入させるしかないか。

 ちなみに各キャラの現状はこんな感じ。

  • 1人目。拳銃マン。ハードボイルド気取り。弱い。レベルを上げねばならないが、サブで多忙なのであまり遊べていない。Perk構成は見直す余地あり
  • 2人目。爪マン。世紀末の住民気取り。割と強い。全身シークレットサービスになった。あと高密度Modでおおむね完成。Perk構成は見直す余地あり
  • 3人目。片手剣弓マン。中世の住民気取り。かなり弱い。やっとレベル50。まだまだ伸びしろはある

 当面は2人目でデイリー金塊集めしつつ、3人目を育てていく感じかな。その辺が全部済んだら、1人目でのんびり散歩だ。

 いや、しかし、私もこのゲームが好きだな。スルメのように味わっているよ。

FO76: 新年の活動報告

 年をまたいで新年になってもアパラチアでの活動は続く。

 さて前回の報告同様に、依然としてFallout 76では2ndキャラの育成をメインに遊んでいるわけだけど、ここで1つ大きな進展があった。

 バックパックを入手したのだ。

 いやー、これはうれしい。

 死者が出やすいパブリックイベントのEncryptidで、無事「他人を蘇生する」という難関チェックポイントをこなせたことで、バックパックへの道が開けた次第だ。最近は同じ難関イベントでも、Scorched EarthやA Colossal Problemなんかだと誰も死んでくれないから困る。死者発生を期待するならEncryptidが最適だ。

 でもEncryptidはなかなか発生しないうえに、イベント内容も危険で面倒くさいせいか、発生しても人が集まらずに終了することも何度かあって、なかなかうまく参加できる機会がなかった。それを堪えて待つこと2週間あまり。ついに人が集まっているところに遭遇し、そこで計算通りに死者も出てくれて、やっと万事うまくいった。いやー、一時は「永久にバックパックを持てないのでは」とすら思ったよ。よかったよかった。

 あとはチマチマとデイリーミッションとデイリー/ウィークリーチャレンジだけをこなしている日々だ。抜群に興奮するような出来事はないものの、少しずつシークレットサービスアーマーが揃っていっているし、チャレンジすごろくも進んでいるしで、まぁ、なんらかの進歩が日々あるというのは、モチベ維持にはいいことだ。

 あ、そうそうデイリーオプスというものにも初挑戦してみた。

 難しそうで面倒くさそうだったので敬遠していたんだけど、やってみたらやっぱり難しくて面倒くさかった。

 ソロ初挑戦の結果は優良可不可の4段階評価でいうと、良のスコアだったようだ。なんか気持ち悪い家具を報酬でもらったけど、全然いらんな、これ。より良い結果を出せば、より良い設計図ももらえるようだけど、どうしても面倒くささが先立つので、もうやらない気がしている。基本的にタイムアタック系のコンテンツが好きじゃないんだよなぁ。どんなゲームであっても。

FO76: 2人目のスカウト、レイダー、B.O.S.

 ここ数日、長らく眠っていた2ndキャラで遊んでいる。

 メインキャラはレベル200を超え、シークレットサービスアーマーの設計図も揃い、成長曲線が鈍化して、クエストも食べつくしているという、かなり末期な状態に入ったので、気分を一新するために別のキャラに逃げてみた次第だ。

 サブキャラで言うと、最近作った「レベルアップデイリーチャレンジ用」の低レベルキャラもいるんだけど、こちらはレベル10も超えたあたりでもう面倒くさくなってしまって、結局デイリー用ですら触っていない。「NPCのいる場合の序盤の流れ」を知れたという収穫をもって、彼の出番は終わった。

 そんなわけでこの2ndキャラだ。

 ビルドはSTR上げの近接コブシファイター。サブで一応ライフルを持っているけど、豆鉄砲なので撃つだけ無駄という感じ。狙撃しても殺せないので、遠距離で狙撃して存在がバレるより、気がつかれる前にとっとと近寄ったほうがいいので、基本的に弾薬を消費することがないエコ仕様だ。

 クエストの進捗は、旧メインクエストラインがほぼ終わっている、という状態だった。要するに、核を撃ち、スコビクイーンを討伐したところまでだ。

 そこから、今現在まで、パイオニアスカウト(バックパック)、ウェイストランダーズ(入植者とレイダー、金塊)、そしてスティールドーン(B.O.S.)と多くのコンテンツが追加されたので、これらをこなしていくことにした。

 さぞや時間がかかるだろう、と思ったんだけど・・・割と早くクエストは終わってしまった。

 ウェイストランダーズとスティールドーンは、本当にサクサク進んだ。ストーリーがわかっているから、テキストを読む時間を割かなくていいというのもあったし、コブシビルドのごり押しは、ピストルで慎重に進むメインキャラよりも、そもそも進度が速かった。あれ? レベル80そこそこで、レベル200のメインより強いのか? メインよ・・・。

 ただクエストの分岐を変えられたのはよかったかな。ウェイストランダーズは、メインは入植者サイドでVault 79に入ったので、今回はレイダーサイドを選択した。両サイドを体験できたのは、サブキャラならではなので遊び甲斐を感じられた。

 今現在てこずっているのは、パイオニアスカウトのバックパックを取るために必要なパート「仲間を蘇生する」だ。これを達成するために、危険度の高そうなパブリックイベントが行われる度に、積極的に参加して、死者を探してうろついているんだけど、もう猛者しか残っていないアパラチアでは、死体になってくれるような人がなかなかいない。いったいいつになったらバックパックを入手し、荷物問題が軽減されるのだろうか。

 あとの残件はメインキャラと同じく、サブキャラでも金塊を集めて、シークレットサービスアーマー一式を纏うことくらいかな。しかしそのための金塊集めの道のりは長そうだ。

 毎日プレイしたとしても、金塊の増量ペースは1日90。金を払えるならさらに週1で300増やせる。一方で必要数は、アーマーそのものだけでもあと3500もあり、さらにModも計算すると5000を超えてくる。

 うーん、軽く1ヶ月以上かかるな。毎日プレイできるわけでもないから、さらに必要日数は増える。

 先は長い。