EQ2JE: 冷やかし呼ばれ

 久々にEQ2をプレイした。

 今回プレイしたきっかけは、「レイドやらねー?」という誘いを受けたからで、しかもその誘いきっかけでログインをしておきながら、時間が合わなかったのと、レイドをやる気があまりわかなかったので、「やらねー」という返事をして去っていったという、実に冷やかし態度満点の行動をとってしまったんだけども、とにかく久しぶりにそんな様子見の動機で、ノーラスに降りたった。

 FF14のβテストで遊んだ直後にEQ2をプレイして、真っ先に感じたことは、EQ2はやっぱりがんばったんだなぁ、ということだ。スペックの問題が大きかったのだろうけど、6年前のEQ2のファーストインプレッションでもやっぱり、FF14で今感じているのと同じような、動作の重さや、UIのとっつきにくさというような、ネガティブなものが多々あった。でも、それから6年を経て、スペック要求には無理がなくなり、UIの改善(カスタムUIの功績も大きいけど)も施され、実にスムーズなプレイ環境を提供するようになっている。がんばったがんばった。

 さて、そんなEQ2。久々すぎて若干浦島太郎状態だったんだけど、とりあえず主要3キャラのリサーチが終わっていたので、リサーチ依頼を更新しておいた。貧乏性なので、こういうのは慌ててやってしまう。しかし、そろそろA3になっているアーツやスペルがなくなってきたから、次のリサーチの前には散財が必要になりそうだなぁ。でも先立つものがない・・・困った困った。

 また、どうも離れている間にゲームアップデートもあったようで、少し仕様も変わっていた。気が付いたのは主に3点で、1つはミニマップウィンドウと時刻ウィンドウが統合したこと。1つはペーパードールとステータスのウィンドウが統合したこと。1つは公共交通機関の利便性が向上したことだ。

 このうち前の2点は、特に良くも悪くもない。GUによるものか、カスタムUIのverUPによるものかもよくわからない。正直もうステータス関係は、なにを上げればいいのかよくわからんほどに複雑で、私はとっくについていけてないので、どうせ見ないからなんでもいいという気分だ。

 最後の1点は、前のアップデートで私が要求したとおりの内容だ。当然こうあってしかるべきという形に落ち着いたと言える。今更の対応を遅いとするか、しっかり修正してきたことを評価すべきかは、半々だな。でも、これは明確に改善だと思うよ。

 ってことで、久々のEQ2。結局ログインしたはいいものの、なにをするでもなく、リサーチの更新と、バージョンアップ後の世界を少しだけチェックして、世間話に花を咲かせただけで、さっさと落ちたのでした。レイドをしないとなると、やっぱりLv90キャラはやることがないなぁ。うむむ。

EQ2JE: 冷やかし呼ばれ」への2件のフィードバック

  1. Avatar phototetra

    昨日、久しぶりにEQの夢を見ました。
    Nezさんと二人で死体回収頑張ってました。
    何十年経っても思い出すって、すごいゲームだなぁ。
    (チラ裏失礼しました)

    返信
    1. Avatar photoNez/蝿 投稿作成者

      12年もの期間を置いた遠距離パスはこのブログ史上でも最長クラスかも!

      死体を回収するっていうシステム自体がもう懐かしい。
      しかしまだEQ1もサービスは続いているんですよね。
      グラフィックはもはや古臭いを通り越して古代のアーティファクト級ですが。

      いつの日かまた何かのゲームで一緒に遊べるといいですね。うむうむ。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です