CHV2: オープンベータ終了

 Chivalry 2オープンベータ最終日最終試合。

 有終の美を飾れたので記念パピコ(死語)。

 試合はボロ負けだったけど、チーム内では頑張れた。キルの多さもだけど、デスの少なさがいい感じだ。Chivalry 2は死ななければ負けないゲームなのだ(負けてるけど)。なお使用兵科は装甲兵。片手剣が好きです。

 ってことでね。

 オープンベータが終わった。

 ので、総評を再びしたい。レビューばかりしてるけど、したくなるゲームなのだろう。

 まずいいところ。

 これはなんだかんだで戦闘部分かなと思う。Mordhauよりも簡略化されているけど、楽しい部分エッセンスは残っていて、かつ、初心者お断り的な難しい部分がカットされているので、大変マイルドかつ万人受けな味わい。こんなんでいいだろうと思う。

 それとチームオブジェクティブ戦。これはMordhauにもなかったいい点。動的な目標のためにフェーズを移り変わりながら戦うのは、なかなか面白かった。同じシナリオでも、楽に抜ける場所、苦戦する場所などが毎度違うので、新鮮味がそこそこ持続する。農民になるモードは要らないだろ、とも思うけど。

 よくないところ。

 第一はやっぱりオンラインゲームの実装具合。よりピンポイントで言えば、パーティー回りの不安定さ。最終日も時間が限られている中、30分ほどをパーティーを組むというだけの作業に費やした。製品版では改善しておいてほしい。

 クラス/サブクラスのアンロックシステムのUI。将来のアンロック先を見たり、メニュー画面でクラスツリーを開いたり、武器を選んだり、ということが一切できない。試合中に瞬時に選べというシステム。これはよくない。試合の外にもクラスやロードアウトを検討できる場を用意すべき。

 プレイのモチベーションコントロール。どのFPSもそうなのかもしれないけど、MMORPG勢で、モチベの多くをキャラクターのプログレッションに置いてきた私としては、そういう「プレイを続ける物質的な動機」が欲しい。「プレイ自体の楽しさ」だけではあまりモチベが持続しそうにない。よくあるバトルパスとか、そういうのでいいからさ。

 と、まぁ、そんなとこだ。

 それなりにいいゲームだったとは思う。ただ、それでもまだ、製品版に突入するかは半々以下というところかなぁ。なにかひとつ、製品版でのきらりと光る追加要素が発表されれば、それが一押しになりそうなんだけども。

 はてさて。

CHV2: オープンベータ終了」への2件のフィードバック

  1. Avatar photojfefe

    βやって気に入ったので製品版事前予約しちゃった
    どの程度の期間で過疎るのかが不安だけども一作目よりぬるいから長持ちしそうと思ってる

    返信
    1. Avatar photoNez/蝿 投稿作成者

      買うなら今ではありますよね。
      人口が減ってくるとMordhauみたいに濃縮された剣戟猛者だけが住まう修羅に国になる未来しか見えない。雑兵が多くわーわーできるうちが楽しい。
      どうしようかなー。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。