日記: 2月28日(2022年)

 愛用のマウス、ロジクールのG300が壊れたので、買いなおした。

 過去の記事によると、今まで使っていたものは2012年に買って、2018年から本格的に使い始めたもののようだ。つまり生産後10年、使用年数は4年ほどの品だっただろうか。G300にはなぜか壊れやすいマウスのイメージがあったけど、案外長持ちした・・・かな?

 おそらく私の中のG300に壊れやすいイメージがあるのは、実家マシンでも同じG300を使っていて、そちらが過去に購入早々に壊れたことがあったせいだろう。

 2018年に自宅マシンにて、G300を本格的に使い始めた時に、ゲーム環境を揃えるため、実家マシンにも同じG300を導入した。だけど、その後その実家のほうのG300は、購入後の割と早い時期にすぐ壊れてしまい、軽い失望とともにまた買いなおす、という出来事があった。なので、まぁ、私がG300に壊れやすいイメージを持ったとしても、それは無理からぬことというわけだ。

 ともあれ、そんなこんなでまたしても、G300を購入することと相成った。今回壊れた自宅の1号機、すでに壊れて破棄した実家の2号機、実家で現用の3号機。それに続く4号機、それが今回購入したG300というわけだ。ガーベラテトラ、出るよ。

 さて、そんな「何度も壊れた過去」がありつつも、それでもなおこのモデルを買い続けるのには理由がある。

 それは、このモデルには唯一無二の機能「マウスの上部のボタン」があるからだ。

 私のマウスの持ち方はいわゆる「つまみ持ち」に類するものなのだけど、つまみ持ちは、親指を常にマウスの保持に使っているため、ゲーミングマウスにありがちな親指ボタンの類は全く活用できない、という欠陥を持っている。そして、そんなつまみ持ち勢でも活用できるマウスの拡張ボタンこそが、この「マウスの上部のボタン」なのだ。

 この位置にボタンを持つマウスは、G300の他には見たことがなく、ここから得られる助力は、他に替えが効かない。だから何度壊れようとも、G300に頼らざるを得ないのだ。

 できればいろいろなメーカーから類似品が出てくれると、比較検討ができるので望ましい。競争原理が働いて購入者にはプラスの影響が大きそうでもある。だけど、いまのところは残念ながらG300以外に選択肢がない。生産中止にでもなられた日には、路頭に迷うこと請け合いだ。そうなる日が来ないことを祈りつつ、そうなったら買いだめせねばなるまいと思っている。そんな日々だ。

 Fly!ではG300を応援するとともに、末永い販売を願っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。