日記: 3月11日(2022年)

 午後休を取ったので、目的もなく湾岸線をぶらぶらした。

 湾岸線を走るのはもう何年ぶりだろうか。なにかの展示会を見に行くために、酔狂でバイクでビッグサイトに行ったとき以来かもしれない。そのくらい久しぶりに通る道だったので、もはや初めての道というような感覚で新鮮だった。

 しかし、展示会か・・・。もうそもそもリアルに訪れる形の、物理的な展示会というものが、最新情報を得るための手段としては、ウェブの発展とともに必須ではなくなってしまって、すっかり縁遠くなってしまったな。人脈作りもしないし。最近でも行く人は行くんだろうけど、帰ってきて話を聞くと「それってウェブに乗ってますよね(んなもんを見るために仕事サボったんすか?)」とツッコミを入れたくなる話が多い。言わないけど。

 閑話休題。

 今回のドライブでは、レインボーブリッジを渡ってー、ベイブリッジを渡ってー、大黒PAで休憩してー、横浜みなとみらいをぐるっと走ってー、帰る。そういうプランで走った。字面だけみるとロマンチックなコース。しかしおっさんが1人でドライブしているだけなので、ロマンチックとは程遠い。そして、道を間違えてレインボーブリッジを経由できなかった、という大チョンボをした。けど、その点を除けば、久しぶりの道をまぁまぁ楽しく走れたかな。

 しかし、すごい楽しい道だったかというと、そうでもなかった。

 やはり都会の工業地帯の限界というか、とにかくデカいトラックが多いのが、景観的にはいまいちだったな。トラックの皆様方は尊いお仕事のお車でありますので、大いに尊重したいところなんだけど、まぁ、視界の半分はトラック、というようなありさまでは、平日昼の湾岸ドライブに情緒を見出すのは難しかった。

 また、時期も悪かった。陽気につられて窓を開けて走っていたら、すさまじい勢いで花粉を含んだ風が顔面を直撃し続けたらしく、頭痛がするほどのダメージを眼球に追ってしまい、ドライブ後半は苦痛にさいなまれることになってしまった。はよ帰りたい、という気持ちでいっぱいに。

 結論的には、久しぶりの道の記憶をアップデートできた、という経験面ではよかったけど、純粋なドライブ体験としては並みだったかな。うむうむ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。