日記: 3月24日(2022年)

 3回目の新型コロナワクチン接種を行ったので、その記録。

 前回の2回目のワクチン接種日は2021年9月17日だったので、今回はほぼきっかり6か月後の接種となった。ちなみにワクチン種別は、1回目、2回目と同じくファイザー。

 今回の接種とその後の副反応の経緯は、以下のような感じだった。

  • 正午0時、接種
  • 接種10時間後。夜のゲームタイムごろまで。肩に大きな虫刺されができた、という程度の腫れ感を感じる以外は無症状
  • 接種12時間後。深夜0時。夜のゲーム後。ようやく体に倦怠感を覚え始める
  • 接種14時間後。深夜2時以降。急激に倦怠感が増し、発熱、筋肉痛を発症。従来になくしんどい。これは相当発熱しているな、と感じたものの、ベッドの中から出るのが面倒だったので検温はせず
  • 接種21時間後。翌朝。深夜ほどではないが、上記症状は継続中。検温をすると37.7度。このくらいの体感的なつらさでこの体温ということは、数段つらかった昨晩深夜は、おそらく38度から39度の間くらいであったのではと推測
  • 接種36時間後。次の日の夜のゲームタイム。だいぶ回復してきて、ゲームをする余裕も出てきたが、まだ万全ではない
  • 接種48時間後。つまり2日後の正午。なんだかまだ微妙に体がだるく、平熱より0.5度ほど高い状態が続く
  • 接種3日後。この辺りでやっとほぼノーマルに回復。肩の違和感はわずかに残っている
  • 接種4日後。肩の違和感もほぼ消滅

 とにかく印象的だったのは、今回は今までで一番副反応が重かった、ということ。今までのワクチン接種は、そんなにつらい経験だとは思っていなかったんだけど、今回は割とつらかった。

 しかしそんなつらさのピークが、ちょうどよくゲームタイムを回避していて、仕事は休んでいたくせに、夜のゲームタイムは皆勤賞的に参加できていたあたりは、さすが私と言わざるをえまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。