VAL: 2年ぶり

 2年ぶりにVALORANTをプレイ。

 久しぶりにプレイをしてみた理由は何だろうな。

 安直にZETAの活躍に影響されたというのもあるし、そんな世間のVALORANT熱が上がったタイミングで、ちょうど他のゲームの倦怠期がきていたというのもあるし、まぁ、そんなところだ。マイVALORANTブームがいつまで続くのかは不明。

 LOLにしてもR6Sにしても、この手の対戦ゲームについてはあまり言うことがないというか、言葉で語るゲームじゃないような気はする。だからオンラインゲーム老人会記録部門の私および当サイトとしても、これらのジャンルのエントリーは非常に少ない。

 なので当サイトのVALORANTカテゴリーは、おそらくこのエントリーを最後に、また無更新が続くとは思うんだけど、とりあえず今この時期に2年ぶりにプレイをしたということと、その時の雑感だけは、記録しておきたい。

 以下、感じていること諸々の羅列。

 【難しい】

 このゲーム難しいな! 飛び出せば覗きに殺され、覗いていると飛び出しに殺される。見えている敵に射撃が当たらず、見えていない敵に殺される。地獄やんけ。誰かキャリーしてくれ。

 【そして底辺へ】

 などと思いながらアンランクをプレイし続け、連敗を喫し続けたところ、おそらく底辺と思しきところまで内部レートが落ちた。無事、マウス操作も怪しいような人々と混ざってプレイするに至り、ようやく戦えるようになった。底辺に溜まる水は生暖かく、心地いい。

 【マップ】

 アイスボックス、ブリーズ、フラクチャー、が増えていたのかな。2週間のぼちぼちプレイを経て、やっとおぼろげにこれらの形状が頭に入りかけている。今のところフラクチャーの印象が最悪。相対的にまだしも理解している初期4マップがくると、いささか心が温まる。

 【エージェント】

 もう増えすぎててなにがなにやら。キルジョイ以降の追加キャラは全部初見。強さを感じるのはスカイ。キモイのはチェンバー。贔屓にしたいのは日本人ヨル。使うと弱い感あるが。ネオンとゼリの開発秘話が結構好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。