TD2: TU15はいいぞ

 復帰後からプレイが続いているDivision 2。

 現バージョンであるTU15は、なかなか傑作だった。

 TU15では「マイスター」というシステムが導入されたんだけど、特にこれがモチベーションという面で、大変プラスに働いている。

 このシステムは、同じ武器や装備を使い続けたり、納品したりすることで、その武器や装備の熟練度(マスターランク)が上がっていき、それが上がりきる(マスターする)と、その武器や装備の性能を強化していく権限(グレードを上げる権限)を得られる、というようなもの。

 これのいいところは「自分のこだわりの武器を強化できる」というようなカスタマイズ性も、もちろんそのひとつなんだけども、それ以上に「どんなドロップ品でもそれなりに嬉しい」ということが、長所としては非常に大きい。

 どういうことかというと、今までは使わないドロップ品は基本的にはほぼゴミだった。せいぜいお金や分解素材になる、という程度で、ありがた味はかなり低いものでしかなかった。

 しかしマイスター導入後は、どんなドロップ品でも、その装備のマスターランクを上げるための納品物になるため、無駄にならなくなった。言い替えれば、どんなドロップ品でも僅かなりとも成長の糧になる、というわけだ。

 これにより「毎日なにかの数値は少しずつでも常に上がっている」という、着実な成長感を得られるようになった。これはモチベーション維持の上で、非常に大きい。

 そして「使わない装備のマスターランクを上げてどうするの?」と思いきや、どんな装備のマスターランクであっても、それを上げることはキャラクターのマイスターレベルを上げるための経験値になるので、全然無駄にはならない。紫のドロップですら以前ほどにはガッカリしない(後日加筆。紫アイテムはマスターランク上げに使えない様子。ガッカリ復活)。

 とにかくあらゆる行動がプラスになるようになった。1人ちまちま勢にとっては、Division 1のクラシファイド以来の革命なんじゃないか、これは。

 まぁ、とはいえ、いつの日か、マイスターレベルがキャップになり、使う装備のマスターランクもあらかたマスターしてしまえば、それでまたモチベーションの喪失になるのだろう。だけど今のところ、その未来は遠そうだ。

 目下のところは、ちまちまとハクスラをする喜びが、Division 2に戻っている。

 楽しい、楽しい。

TD2: TU15はいいぞ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: TD2: シーズン9、完! | Fly!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。