日記: 7月1日 (2006年)

 ネタがないときのためのバイク調査報告書。その3。

 ・SV1000S(SV650S)
  http://www1.suzuki.co.jp/motor/sv1000s/yba.html

 次期主力戦闘機選考の第二候補。第一候補との差がほとんどない、拮抗した対抗馬。

 排気量1000ccでありながら、乾燥重量187kg、シート高80cmと、ミドルクラス並みか、下手をすればそれ以下の車格。しかもハーフカウル+アンダーカウルという、私の好きな構成で爬虫類系のスタイルもいい。気になるなと言うほうが無理だ。

 もともと、私が普通二輪免許をとろうと思った時に乗りたかったのは、SV400Sというバイクで、こいつはその上位機種に当たる。そのため、ある種の「念願」という感覚が背中を押す。

 報告書その2で挙げたFZ-6Sと比較すると、ほぼ同馬力、同重量、同シート高と、性能に差が少ない。

 FZ-6Sと比して気にいらないのは、セパハンである、という点。乗車姿勢の前傾がきつくなるのは、腰に爆弾を抱えている私としては、大変気になる点だ。セパハンのバイクに乗ったことがないから、実際どのくらいきついかはわからないんだけどね。まぁ、どうしてもSV1000Sに乗りたくなり、しかも前傾がつらかったらバーハン化してしまうという手がないわけでもないかな。

 逆にFZ-6Sと比して気にいっている点は、V型二気筒エンジンだ。ゼルビスがそうであったために、この形式のエンジンを積んでいるということそのものに、親近感を感じる。当然、リッターだというのも、しょーもない所有欲に、600ccよりも一回り大きな満足感を与えてくれるだろう。

 加えて、私の二輪生活の拠点である実家は、徒歩5分でSBS(SUZUKIのお店)、徒歩7分でWing(HONDAのお店。ゼルビスはここで修理とかしてる)、という立地にあるんだけど、最寄のYSP(YAMAHAのお店)までは、バイクで15分ほどの距離になってしまうのだ。買うにあたっての「お店付き合い」という点では、SUZUKIが一番便利ではある。買いやすいのだ。

 悩む悩む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。