日記: 12月3日 (2006年)

 昨日設置したHOTGRIPのインプレ。

 今日は昼に、某所の100均ではない回転寿司屋で、人と会う用事があったので、そこへバイクで向かうことにした。

 発進と同時に、エンスト。

 えええええ!? アクセルを回しても、回転数が上がらない。・・・あれ? 接着が甘くて、グリップが空転してるのかな?

 最悪の事態を想像して、少し青くなる。しかし、いったんエンジンを切って(エンストしたわけだから切れてるんだけど)、アクセルをぐりぐり回してみても、グリップだけでなく、その中のアクセルスリーブまで、ちゃんと回っているように見える。再びセルを回して、アクセルを吹かすと、今度は普通に回転数が上がった。うーん、空転ではないのかな? 寒いからストンとエンストした、ことにしておこう。

 気を取り直して、グリップヒーターをONにして発進。
 
 グリップの感触と直径が変わったので、少し操作感が違うな。感触は純正グリップよりも柔らかくなったのが好印象。疲れが少しでも軽減されることを期待しよう。一方で、径はやや太くなった感じで、こちらは微量に悪印象だ。太くなった影響で、各操作のストロークが極々微量に遠くなり、その微妙な誤差に違和感を感じる。まぁ、すぐに慣れるだろうけど。

 走り出して1分ほどで、なんとなーく手のひらが温かくなってきた。ワクワク。

 さらに走り出して10分もたつと、はっきりと明確に暖かくなってきた。感覚としては、厚手の手袋をした状態で、「あたたか~い」な缶コーヒーを握っているのを想像してほしい。この感覚に若干劣るものの、非常に近い状態が、手のひらに作り出された。こ、これは厳冬期には効くな・・・。

 でも、今はまだ初冬。しかもちょうど昼時ということで、寒さはあまり感じない。ちょっとオーバーパワーだったので、すぐにスイッチを切って、試運転を終え、残りの行程を通常走行で駆け抜けたのであった。

 しかし、わずか5000円弱でこの暖かさ。費用対効果には十分満足だ。

日記: 12月3日 (2006年)」への2件のフィードバック

  1. Vaswald

    バイク乗りには辛い時期ですのう。特に冬の雨とか

    そういえば昔スキー用の手袋してた人が居たな・・(笑)

    返信
  2. Nez/蝿

    スノボパンツの人とかもいるらしい。
    さらにウェットスーツをインナーにしてみた人もいるとか。

    がんばりすぎだ!

    返信

Vaswald へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。