WAR: プラス

 オープンβが9月7日からスタートという話だったんだけど、いきなり今日になって「先のプレビューウィークエンドに参加した人は、オープンβ前倒しでやっていいッス。『PW+』ッス」とかなんとか、Mithicが言い出しやがった。

 ってなわけで、PW+に参加してきたよ。

 今回は本番を見据えて、日本人1番人気(?)のサーバー、Tなんとかサーバーで始めようとログインしてみた。ところがなんと、人数超過で入れない。うーむ、こういうのは素直に人が多いところでやるのが、すなわち日本人と絡みたい向きならば日本人が1番多いところでやるのが、結局1番幸せになる道なんだけどなぁ。

 でもまぁ所詮お試しβだしいいか。空いてるところにはいろう。ということで、さっくり入れたChraceとかなんとかいうサーバーでログイン。プレイを開始した。

 キャリアはまたまたメイガス。PWでウンコだったこのキャリアが、この2週間でどう改善されたかという、Mithicの調整能力を測るとともに、今現在の私の本番キャリア最有力候補を、改めて評価しようというのが目的だ。

 で、結論からいうと、大幅に改善されていた。

 スキルの増加なんかもあったんだけど、特にペットの挙動が改善されたのが大きかった。メイガスのペットは移動をしない固定砲台のようなものなんだけども、PWの頃は、ろくに砲撃をしてくれないでくのぼうだった。PWの頃のペットの仕様は、「命令した標的が」「射程内にいて」「スキルの再使用タイマーが0になっているときに」「ランダムで攻撃する」という、攻撃する機会が著しく少ないものだったのだ。

 それが今回、「自動的に敵を察知し」「射程内に敵がいる間ずっと」「スキルの再使用タイマーが0になると同時に」「即攻撃をする」となった。結果として、ペットの攻撃回数は、体感で4,5倍になった。だからすごく強くなったというわけではなくて、これでやっと1人前という段階かもしれないけど、「砲台ペット使い」としての矜持は十分に保てるようになったので、だいぶ楽しいクラスになったとおもう。

 あとは、全体にゲームのバランスも変わっていたように感じた。PWではシナリオに参加してRvRをしていれば、どんどんレベルが上がっていったんだけど、PW+ではシナリオで得られるExpがだいぶ減らされたように見えた。そのためPvEよりRvRのほうが効率がよいとは、必ずしも言い切れないようになり、相対的にPvEの比重が上がったように感じた。同様に金銭面でも、RvRで敵兵を倒すことが目的となるクエストの効率が悪くなり、これまたPvEとRvRの格差が平準化されたんじゃないかとおもわれる。

 上はPvE嫌いの人にとってはバッドニュースかもしれない。でもその見返りになるかどうかはわからないけど、PvEエリアの店のラインナップや、クエストの報酬などは少し改善したようで、PvEのバリエーションは厚くなったんじゃないかな。これはFPSerではなくMMORPGer(なんて用語はないだろうけど!)の私には好印象だ。

 そんな厚みを増したPvEの中でも、どうでもいい個性を重視する私にとって大きな改善ポイントは、装備の染め(dye)のコストが、基本的には安価にいろいろな色を選択できるようになっていたことかな。無個性な一兵卒の集合ではなく、個性的な英雄の集合を再現できるのが、MMORPGによるRvRだと思っているから、こういう個性の演出ポイントは、私にとって最重要だ。

 あとは見た目に関して言えば、たとえば同じ剣でも、ロングソード、ショートソード、シミター、カタナ、レイピアって性能はほぼ同じでいいから、外形を好みで選べたりするといいんだけどなぁ。DAoCはそうだったし、リリース後でもいいから期待したい。

 UIも多少改善されたけど、まぁこれはマイナーチェンジの範疇かな。はやくもいろいろなModが出ているようだから、UIなどのユーティリティは、むしろユーザーの活動に期待かもしれない。

 本番を目前にして、キャラの消えるオープンβにはそんなに熱中できないけど、PWでの感想との違いがわかって面白いな。あとは実験的にOrderキャラをやってみるのもいいけど・・・私にその元気があるかどうか。はてさて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。