日記: 11月25日(2008年)

 バイクが遠すぎるぜ!

 という思いもそろそろ限界。私とよく夜な夜なオンラインゲームにいそしむ一部の人はご存知のように、私は週末になると実家に帰り、平日になると自宅に戻るという二重生活を、毎週ではないとはいえ送っていた。それはまぁ、色々と理由があるんだけど、そのうちの最も大きな部類になる理由の1つは、「バイクが実家にある」ということにあった。

 で、まぁ、冒頭の叫びのように、そんな理由のために毎週帰るのも、ほとほとしんどくなってきたわけ。そこで今現在、自宅の近辺でバイクが置けないか検討しようぜ作戦、名づけてJBK作戦を実施中だ。

 以下は、私の奮闘の歴史である。

 【Mission 1. バトル・オブ・大家】

 真っ先に試みたのは、大家さんに「マンションの脇の空きスペースに停めれないっすかね?」だった。が、この作戦は僅か5分で、大家さんの「いやー、無理よぉ、うふふふ」によって頓挫。失敗に終わった。

 【Mission 2. バイクの箱に潜む罠】

 やはり頼るべきは、ぼくらのインターネッツだ。「バイク」「駐車場」「(我が家の地名)」などで検索すると、何箇所かのバイク専用駐車場というものが見つかった。これはコンテナのような、バイクを収納するための箱型設備を貸し出すというもので、防風、防雨、防犯、いずれをとっても、およそ望みうる最強に近い性能だ。

 しかもそのいくつかは、徒歩10分ほどの距離にあるという、まぁまぁの立地。常用するには遠いけど、週末のレジャー用途の乗り物なら、ぎりぎりセーフの距離だ。

 これしかないだろ!! そう思った私だったが、しかし、この案件には重大な罠が隠されていたのだ・・・。

 そう、こいつらは高いのだ。月2万円前後の費用が発生してしまう。2万も毎月の出費を増やすなら、最初っからバイクのおける家を、余裕を持って探せるわ! パスだ、パス!

 一応念のため、空きがあるということだけは問い合わせて確認したけど、ここはないよなー、ということで次だ。

 【Mission 3. 新たなる箱作戦】

 しかしだね。このコンテナってのはなかなかいいんじゃないか。バイク専用駐車場にインスピレーションを受けた私は、ピンときたね。

 実は我が家から徒歩5分ほどの場所に、貸しコンテナがあるのだ。基本的にはトランクルームだけど、ここにバイクも入れられるんじゃなかろうか。

 早速問い合わせてみると、月1万~1万2千でバイクもOK、という返答を得た。安くて近くて同等の性能。これは決まりだろ!! ・・・と思ったんだけど甘かった。ここはあいにく、空きがなかったのだ。しかも思わず飛びつきかけたけど、やっぱり1万以上は高いよなぁ。

 一応「空きができたら一報ください」とだけ言っておきつつ、1万円以下を基準に捜索を続行した。

 【Mission 4. 大空襲】

 自力調査の限界を感じた私は、無差別絨毯爆撃に作戦を切り替えた。

 すなわち、最寄り駅の不動産屋7~8店に対し無差別に、「1万円以下の駐車スペース探してます」というメールを発射しまくったのだ。

 この作戦は見事に功を奏した。やはり専門家に聞くのが一番だということか。

 寄せられた有力な情報は2件。うち1件は、我が家から徒歩1分ほどの場所で、月5000円というすばらしい好条件だった。野ざらしなのが問題だけど、実家でも今は屋根のないところにおいてあるから問題ないだろう。やや防犯面の不安もあるけど、こればっかりは気にしだしたらきりがない。

 ということで、今はその他の条件面で折衝中だけど、身近にバイクを置ける日も近そうだ。発車点が変わると、ツーリングの行き先も変わるだろうから、新鮮な感覚をしばらくは味わえそうだよ。

 でも、これから冬。寒い。引きこもり確定。うへうへ。

日記: 11月25日(2008年)」への2件のフィードバック

  1. 地域にもよるけどバイク盗難多いから気をつけよう。

    数週間後、南の国に並んでたってことに・・(;´Д`)

    返信
  2. Nez/蝿

    そう、それが怖いんだよねー。
    そこだけはもう、屋内に入れない限りはプロ相手では
    どうしようもないので、せめてイタズラ小僧には
    やられないようにして、あとはロックオンされないことを
    祈るばかり。

    幸い私の愛車はハーレーのような人気車種ではないから、
    プロも同じリスクを負うなら高級車を狙うだろう・・・と思いたい。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。