日記: 11月8日(2008年)

 続・暖房家電。

 暇つぶしがてら家電量販店へいってきた。量販店で見て、Web通販で買う。今のムーブメントはこれですな。

 さて、家電量販店へ行ってみると、前のエントリーで目星をつけていた「かんたん床暖」と「コアヒート」は、両方今シーズンの目玉商品らしく、大々的にデモ展示されていた。これはいいところに来た、とほくそえみつつ吟味だ。

 かんたん床暖の第一印象は、でけええええ、ということだ。実物を見る前は漠然と、「買うとしたら2畳かなー、3畳かなー」とかおもっていたけど、1畳サイズで十分でかいわ。サイズで値段が大きく変わるから、下方修正はむしろ好材料。

 さわり心地もよくて、衛生的な感じも受けたので、まぁ思ったとおり良さそうなものだな。触った表面の温度も、十分に暖かかった。

 でも私が驚いたのは、「コアヒート」のほうだ。厳密に言うと展示されていたのは、よりメジャーな同等性能の競合品「セラムヒート」なんだけど、これは私のもっていた、ハロゲンヒーターやカーボンヒーターの概念を、大きく上回るものだった。

 なにがすごいって、射程距離がすごい。ハロゲンヒーターやカーボンヒーターって、かなり至近距離のごくごく狭い範囲だけ「肌が焼ける」ように暖かくなるイメージだったんだけど、こいつはちがった。長い射程に、広い範囲を、じんわりと、しかし確実に温かくしてくれる。たとえて言えば、前者はハンドガン、後者はバズーカだ。ずごーん。

 これは、部屋の端っこで首振り運転をさせておけば、我が家程度の狭い部屋は十分すぎるほど十分だなぁ。

 よーし、ユニクロで厚着を買ってこようっと。

日記: 11月8日(2008年)」への2件のフィードバック

  1. teltel

    >バズーカ
    おおー、昨日の私のイメージ(ハンドガン)とは違うものなんですね。いいですね~

    って結局厚着ですかw

    返信
  2. Nez/蝿

    結局厚着です!

    というかね、やはりエアコンが強力なので、
    むしろ加湿器が必要なのか!?
    という方向に修正しつつあったり。

    そしてボアスリッパあったかい。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。